WWDC大予想:新しい10.5インチiPad Proとその他のiPadアップデート

WWDCは来週6月5日の月曜日に始まる予定で、おそらくリフレッシュされたiPadモデルが発表される予測です。登場するiPadをいくつか予測してみました。

10.5インチのiPad Pro

iPadアップデートのハイライトは、新しい10.5インチiPad Proモデルになりそうです。

あたらしいiPadが出そうな兆候として、今月、新しいスクリーンサイズでのケースイメージがリークされました。このリークにより、9.7インチのiPadラインよりわずかに大きいディスプレイを持つことが予想され、より薄いベゼルを考慮に入れると、全体のサイズからディメンションの細部について少しわかってきました。

スリムなベゼルでは、10.5インチのディスプレイを9.7インチのiPadのボディに詰め込こんでいるように見える。画像では、現在の9.7インチのiPad Proと流出したケースが比較されています。結果は、新しい10.5インチモデルと9.7インチプロの場合はわずかですが、広いケースサイズになっています。

ケースの流出は、今年初めに導入された新しい3iPadのデザインと並んで、デバイス上で再配置されたマイクも確認できます。写真には、新しいステレオスピーカー用のスペースも示されています。他の報告では、アップグレードされたA10Xプロセッサー、おそらく仮想または組み込みのホームボタンが指摘されており、これによりスーパースリムなベゼルが可能になります。

12.9インチiPad Pro 2

予想される10.5インチのiPad Proのアップデートに加えて、現在の12.9インチモデルもアップデートされる可能性があります。何が変わるかについての情報はまったくありません。これは、新しいプロセッサと他の仕様のバンプを備えた典型的な内部アップグレードのかのうせいが可能性があります。おそらく新しいデザインは新しい10.5インチと同等の可能性がたかいです。

iPad mini

ある報告書では、2015年9月のiPad mini 4が最後のアップデートであり、iPad miniラインをAppleは今後、計画していないとの見解がありました。携帯電話の画面が大きくなり、ベゼルが小さくなったら、7.9インチのタブレットは時代遅れになる可能性があります。最近のある報告によると、アップルはデバイスの段階的廃止を計画していという。

iOS 11、新機能(およびApple Pencil 2?)

いつものように、AppleはWWDCでのショーまで、新しいiOS機能を完全に包み隠しているため、新しいソフトウェア機能は未知のものです。しかし、今年初めに、tvOS 11のApple TVのアカウント切り替えが、iOS 11を搭載したiPad用のマルチユーザーを提案するかもしれないと指摘がありました。また、Appleが新しいiPad ProとMacの統合を計画しているとの報告もある。 MacBookスタイルのダム端末にドッキングするiPhoneまたはiPad用の特許申請書などがあります。

新しいiPad Proモデルとデベロッパーカンファレンスでは、Apple Pencilの新しい世代が考えられます。ブルームバーグの昨年8月のレポートによると、AppleはMail、Messages、Safariなどを含むiOSのアプリケーションにコンテンツに注釈を付ける機能を含むApple Pencilを強化した機能をテストしていたという。

これらの機能はiOS 10には到着しなかったので、iOS 11に間に合うように準備ができている可能性があります。もう1つの噂では、今年新しいiPad Proモデルと並んで新しいApple Pencil 2のリリースが予定されています。ソースは不明ではあるが、新しいProモデルと一緒に発売されと報じられています

ダークモード、マルチユーザーアカウントのサポート、改良されたマルチタスキングなどの他の機能は、長い間非常にリクエストされ、期待されてきました。