Google、Chromeには2018年初頭に広告ブロッカーを導入

今日、Googleは来年初めにChromeで「広告フィルタ」を開始すると発表し、「誰にとってもより良いウェブ」構築を目指すとする。

新しい機能はすべての広告をブロックするのではなく、Google、Facebook、News Corp、The Washington Postなどのより良い広告連合(Coalition for Better Ads)という団体から受け入れられないと思われるものをブロックする。これには、ポップアップ広告やその他の広告を自ら拡張するものなどが含まれます。

サイト運営者が新しい広告フィルタを準備するのに役立つよう、Googleはウェブページの分析ツールを提供しています。 Googleは、2018年初頭にChromeで「Better Ads Standards」の基準を実装します。

Chromeは、常にウェブを閲覧できる最高の体験を提供することに重点を置いてきました。たとえば、迷惑であるという事実に基づいて、新しいタブのポップアップを防止します。連合や他の業界団体との対話の中で、2018年の初めにはBetter Ads Standardsに準拠していないウェブサイトでChromeの広告掲載を停止する予定です(Googleが所有または提供している広告を含む)。

この機能にはいくつかの意味があります。 1つは、広告主様やサイト運営者様にも広告が邪魔にならないようにすることです。さらに、すべての広告をブロックする広告ブロッカーの採用率を遅くすることで理想的な広告を選ぶパブリッシャーにより報酬を還元できるようにします。

もちろん、大規模な広告会社でもあるGoogleが、どのような広告が容認され、受け入れられないのかを判断することに参加しているという事実もあります。 Googleは、Better Ads Standardsに準拠していない広告(「Googleが所有または提供している広告」を含む)をブロックすると述べているが、確かにグレーな領域でもあります。