iPad, ラップトップ、機内持込禁止!?世界的に「激しい」話題になっている

米国政府が10空港からの飛行機の機内持ち込みを禁止して以来、2カ月以上経過しており、禁止を延長して以来、多くの話題がありました。

iPadの爆弾プロットが、禁止の背後にある要因の1つと言われています。先月、トランプ行政は、欧州からのすべての便に禁止を延長することを検討した。計画が否定される前に「積極的に検討されている」とされた。

しかし今、さらに広範囲に禁止論が広まりつつあるようだ。

WSJは、米国と欧州連合の関係者が、現在、世界中のすべての国際線で禁止することを検討していると報告している。

米国政府は、欧州連合(EU)の対応国との間で、すべての国際線のキャビンからラップトップコンピュータを禁止する可能性がある。

この委員会の広報担当者は、両国は「協議を強化することを決めた」と述べ、米国の決定はまだ行われていないと強調した。

米国政府は、欧州のものよりもアイデアを重視しているようだ。

欧州の当局者は、対策と他の目的地への展開を促した特定のテロ脅威についてより多くの情報を求めていた。

しかし、ジョン・ケリー国土安全保障長官は、情報と脅威のレベルがそれを正当化するならば、禁止が課せられるだろうと述べた。

ビジネス旅行と観光の両方に及ぼす影響は大きい。