ティムクック氏、トランプ大統領にパリ気候協定で米国を維持するよう促す

ブルームバーグのレポートによると、ティム・クック氏は、パリの気候変動についてトランプ大統領に影響力のあるCEOの一人です。トランプ大統領に、パリ気候協定を維持するよう促す人物には、クック、テスラのエロン・ムスク、ダウ・ケミカルのアンドリュー・リバリスがいる。

クック氏は、昨日、ホワイトハウスへの電話をかけ、大統領に気候変動協定を守って欲しいと訴えた。一方、MuskはTwitterに対して、彼がこのけんで大統領に助言できるすべてのことをしたと言いました。

トランプ大統領が現在協定を離そうとしていますが、トランプ氏はTwitterで「今後数日間」と述べて、決断を数日後に発表する予定です。パリ気候協定は、世界195カ国気候変動の影響を打ち消すために温室効果ガス排出量を削減することを中心としています。現在協定を支持していない唯一の国連は、シリアとニカラグアです。

ティム・クック氏は長い間、クリーンエネルギーの提案者であり、Appleの事業に100%再生可能エネルギーで動力を供給する事を進めてきました。今年初めに発表された2017年の環境責任報告書では、再生可能エネルギー96%で2017年の93%から増加しています。

さらに、アップルはサプライヤーへ環境の影響を認識してもらうよう促しています。現在、アップルの主要サプライヤーのうち7社が来年末までに再生可能エネルギーを使用すると約束しています。さらに、アップルは最近、地球の採掘をやめ、すべての製品をリサイクル材料で作る計画を発表しました。

"気候変動は否定できない。地球の資源は永遠に続くことはありません。また、人々が製作して使う技術は安全でなければなりません。私たちはこれらの現実に疑問を抱くことはありません。私たちはビジネスのすべての部分において、自分たちができることを尋ねることに挑戦しています。"

ティム・クック氏は、トランプ大統領の方針が変わることを強く信じています。クック氏は昨年末、トランプタワーでの会議に出席し、ジャレッド・クシュナーとイワンカ・トランプとの夕食会も行った。