WWDC直前!期待したい事。iPad Pro2、MacBookアップグレード、iOS 11

Appleのビッグイベント、Worldwide Developer Conferenceがもう1週間以内と迫ってきました。今年はカリフォルニア州サンノゼ、McEneryコンベンションセンターで開催され、数々の発表があります。 WWDCでは、AppleはiOS 11、watchOS 4、tvOS 11、macOS 10.13を発表する予定です。近年のペースの変化から、新しい10.5インチiPad、スタンドアロンのSiriスピーカー、そして最新Macなど、新しいハードウェアも期待しています。

WWDC 2017に近づくにつれて、今年の発表で期待できる事をまとめてみました。

新しいハードウェア

今月のブルームバーグレポートによると、アップルは12インチMacBook、MacBook Pro、放置されていたMacBook Airなど、WWDC向けのMacBookラインナップをいくつか更新する予定だという。詳細は不明な点がいくつかありますが、知っていることをまとめています。

MacBook Pro

昨年末にアップルがMacBook Proのラインナップを更新したばかりであるが、同社はプロユーザーからの反発をうけているため、全面的なスペックを計画しているという。 MacBook Proのラインナップは、現在、2015年に発表されたIntelのSkylakeプロセッサによって強化されています。

しかし、今年のWWDCでは、アップルは、インテルのKaby Lakeプロセッサシリーズを搭載したより優れたMacBook Proを発表する予定です。もともと昨年9月に発表されたKaby Lakeシリーズは、よりパワフルでバッテリー効率が高く、グラフィックス性能も向上しています。

さらに、アップルはユーザーに32GBのRAMを提供する新しい15インチMacBook Proを導入する予定です。これは今年初めにKGI証券のアップルアナリストMing-Chi Kuo氏によって報告されました。 Phil Schiller氏はもともと、AppleがMacBook Proを16GBのRAM容量に制限する決定を下したのは、電池寿命を維持するための努力だと説明していた。しかしクーは、15インチのMacBook Proがプロユーザーに満足させるためにデスクトップクラスのRAMを採用するとしている。

最後に、今年はWWDCでMacBook Proのラインナップにいくつかの値下げが見られる可能性もあります。クー氏は、今年初め、タッチバーのない13インチのMacBook ProがAppleの予想よりも悪い売れ行きだと指摘し、出荷を改善するためにマシンの値下げを発表するかもしれません。

新しいMacBook Proモデルのレポートをさらに裏付けとして、現在のモデル出荷時期がAppleのオンラインストアで制限されてきています。

  • より強力なKaby Lakeプロセッサ
  • 15インチMacBook Pro用デスクトップクラスRAM 32GB
  • タッチバーなしの13インチMacBook Pro用の価格ダウン

12インチMacBook

Appleが超ポータブルの12インチMacBookをアップデートしてから1年以上が経過していますが、今年のWWDCのアップデートには驚くほど大きな驚きはないかもしれません。

12インチのMacBookは、より強力なインテルプロセッサへのアップグレートがあるかもしれません。 12インチモデルが採用するプロセッサーを明示的には明らかにしていませんが、12インチMacBookプロセッサーが搭載する超高性能プロセッサー・シリーズであるコアMシリーズの形式でKaby Lake標準にアップグレードすることは意味があります。

さらに、KGIによると、12インチのMacBookは今年、新しい16GBのRAMになる予測です。現在のところ、マシンは最大8GBとなっているため、16GBティアを導入することで、ユーザーは内部でもう少し多くの電力を消費することができ、スリムなフォームファクタとなります。

それ以外には、新型12インチMacBookはあまり期待されていません。 2台目のUSB-Cポートを追加することを希望していますが、マシンは設計やポートの点ではほとんど変わらないでしょう。価格の変化は予測するのが難しいですが、今年は何も変わらないと予想しています。

  • より強力なKaby Lakeプロセッサ
  • 16GBのRAM

MacBook Air

実際に明らかになっていないところでは、MacBook Airです。アップルはタッチバーなしの13インチMacBook Proを現代のMacBook Airとして発売したようだが、同社はWWDCのMacBook Airのアップデートを予定しているという。

ブルームバーグは今月、MacBook Proを新しいプロセッサにアップデートすることを「検討中」としているが、MacBook Airの販売台数が「驚くほど強力」であるとしている。MacBook Airがどのようなプロセッサの変更があるのか、 USB-Cまたは新しいディスプレイが含まれている可能性はあります。

MacBook Airは現在入手可能なAppleの最も手頃な価格のラップトップです。より強力なプロセッサーを導入することで、ユーザの購入意欲がさらに高まり、macOSのインストールベースが拡大します。

iMac、Mac Pro、およびMac mini

Appleは今年初めに、新しいプロレベルのデスクトップMacリリースが難しいと発表しましたが、来週のWWDCでも発表される予定はないはずです。同社は、新しいMac Proが現在十分に機能していることを明らかにし、モジュール式のアップグレードサポートを提供する一方で、ストア内に新しいスタンドアローンディスプレイも提供しています。

新しいソフトウェア

MacOS 10.13が来週公開されることは間違いないが、現在のところアップデートについてはあまり知られていない。

macOS 10.13がもたらす可能性のある変更についてあるとしたら、たとえば、現在macOSは、iOS上で際立っている機能である「Hey Siri」のサポートがほとんどない。さらに、現在、macOSはHomeKitサポートを欠いています。

改善の明白な領域は、現在のiTunesです。最近アップルはこれを改善するために多くの努力をしてきましたが、まだまだ道のりはまだまだ長いです。 Apple Music Music、iTunes、App Store、Beats 1、Podcasts、そしてまもなくオリジナルのビデオコンテンツが登場すると、iTunesはボリューム満点になります。

今年は、通常のソフトウェアアップデートだけでなく、より強力な新しいハードウェアを発表して、WWDCがMac向けの大きなイベントになりそうです。 MacBook Proのユーザーの中には、ターンアラウンドタイムが短くても気にならないものもありますが、Appleはより強力なマシンと新しいRAM構成で「プロ」コミュニティを喜ばせるために努力しています。