最新iPhone 8リーク情報: 詳細な寸法情報とレンダリングイメージ

0
153

 iDrop Newsの最新レポートによると、iPhone 8のサイズだけでなく、具体的な情報がいくつか掲載されています。報告書によると、iPhone 8はiPhone 7よりもはるかに重く、iPhone 7とiPhone 7 Plusの間の中間層として機能すると述べています。

この報告書には、Appleの計画に関する「親密で、重要な知識を持つ工場労働者」により、iPhone 7が138.3 x 67.1 x 7.1 mmと比較して、iPhone 8が143.59 x 70.94 x 7.57 mmで測定されると主張している。 iPhone 8は158.2 x 77.9 x 7.3 mmのiPhone 7 Plusよりも厚いと言われていますが、全体的な占有面積は小さくなります。

iPhone 8についてはまだ不明な点があるが、iPhone 7よりも厚くて大きければ、さらに重くなるだろう。 iPhone 7の重さは138グラムですが、iPhone 7 Plusの重さは188グラムです。

詳細な寸法と一緒に、iDrop Newsは前述の3つの異なるサイズを描くレンダリングイメージをいくつか作成しました。上記の画像でわかるように、iPhone 8はiPhone 7とiPhone 7 Plusの真ん中に位置しています。ベゼルレス設計のおかげで、iPhone 7 Plusに似た画面サイズになっています。

一方、iPhone 8をサムスンギャラクシーS8とギャラクシーS8 +で比べて見ると。ギャラクシーS8は148.9 x 68.1 x 8.0 mmですが、ギャラクシーS8 +は159.5 x 73.4 x 8.1 mmです。このレポートが正確であれば、iPhone 8は両方より薄くなります。

iPhone 8のディメンションは以前から噂されていましたが、今日のレポートでは以前に聞いたことの多くを裏付けています。週末に見たリークは、iPhone 8のボディデザインを描いており、背面に設置されたセンサーではなく、画面内のタッチID技術を暗示していました。