AppleがAirPlay、オートダイヤル、バッテリー技術より3件の訴訟で特許を取得

アップルは特許トロールの訴訟ではあまり知られておらず、過去に何度もターゲットとされてきました。現在、同社は特許を取得していないテキサス州東部地方裁判所に訴訟を提起した非実務団体Unilocからの特許侵害訴訟のトリオで打撃をうけてきました。 Unilocは、AppleがAirPlay、オートダイヤル、バッテリー充電で特許を侵害していると主張する

AppleInsiderが詳述しているように、最初の訴訟では、「高温環境に最適化されたバッテリ充電および放電システム」に関する米国特許第6,661,203号が引用されています。バッテリが充電中および/または放電中にバッテリの熱を監視し、過熱を防止します。

言い換えれば、それはバッテリーが多くのことでどのように働くかです。

次の訴訟は、米国特許第6,580,422号に該当するアップルのAirPlayストリーミング技術に続くものである。この特許は、「ワイヤレスリンクを介して送信されたグラフィックスプリミティブを使用したリモートコンピュータディスプレイ」をカバーし、1995年にHPによって最初に提出されました。もちろん、AirPlayはAppleがコンテンツ、オーディオ、ビデオをデバイス間で無線で伝送するために使用する標準規格です。

軽微な訴訟のトリオを成立させることは、特許番号7,092,671の「個人情報機器に保存されたレコードから電話番号をワイヤレスでオートダイヤルする方法とシステム」に関連してオートダイアルを中心とするものです。番号や連絡先の名前をタップして電話番号をオートダイヤルすることができます。そのためUnilocがAppleの連絡先アプリをターゲットにしている理由です。

AppleはUnilocの訴訟を知りません。先月、Unilocは、Apple Maps、Apple ID、およびソフトウェアアップデートに関連する特許に対して3件の訴訟を起こした。これに先立って、Unilocは、VoIPプロトコルに関連する特許を侵害していると主張しています。

Unilocは訴訟に関しては、「すべてをスローし、何がスティックか」という戦略を踏襲しているようです。 Appleはこれまで、特許トロールの不満を他の企業よりも多くの特許関連の訴訟の対象としていると非難している。

Unilocが得ようとしているものに関して、同社は損害賠償、訴訟手数料の払い戻し、および裁判所が保証することを決めたものを求めている。