Apple「iPhone 8」、初期ケースのロゴの切り抜きを指紋センサーに間違える?

0
823

オランダのサイトTechtasticによれば、不明のメーカーが作ったこのケースでは「最近のCAD図面」に基づいているという。背中には、中央に円形の切り抜きがあり、左上にカメラの縦長の長い切り抜きがあります。

同梱されているペーパーインサートは、中央の切り抜きがTouch IDセンサー用であることを示しています。ソースの回路図では、そのスペースがAppleのロゴを意味しますが、他のケースやCADレンダリングでも同様の箇所があります。出荷製品では、おそらくTouch IDセンサーもずっと小さくなっています。

さらに、AppleがTouch IDを「iPhone 8」の5.8インチOLEDディスプレイに埋め込むことが報告されています。同社はリア・マウント・センサーを検討すると考えられていたが、主にフォールバックと考えられています。

ケースのカメラカットアウトは、最近のリークに比べて異常に高いです。この挿入は、Appleがメインリングからフラッシュとマイクを分離するためだが、これは噂とは異なることを意味する。

Appleは9月のプレスイベントで「iPhone 8」を発表する予定です。その他の機能には、「仮想」ホームボタン、ワイヤレス充電、ケーブル充電の高速化、3D顔認識などがあります。