モバイルペイメントの未来:中国はGDPの50%以上の結果

0
121

アップルの2017年第1四半期の業績見通しでは、ティムクック氏によると、アップルペイユーザー数は前年比3倍になり、そのモバイルペイメントの取引数量は500%増加しました。

第2四半期には、少なくとも米国で実際にいくつかの数字が得られました。これまでに合計4.5Mの取引が報告されています。

これらは大きな数字ですが、毎年何千億という数のカード取引が行われていることを考えるとまだ低い数字です。この観点から見ると、Apple Payはすべてのカード購入の割合の一部を占めているだけだといえます。

モバイル決済の潜在的可能性を見たいと思っているなら、あなたは中国を見逃すことはできません。

South China Morning Postの記事によると、昨年のモバイル支払い額は5.5兆ドルに達したという驚異的な統計が明らかになりました。それは国の総国内総生産の半分以上です!

米国内のすべてのモバイル決済サービスと比較すると50倍以上です。

もちろん、2つを直接比較することはできません。中国で行われたモバイル決済の多くはMCX CurrentCコンソーシアムが米国で試みた、QRコードシステムになります。これは、実装が安価で低仕様のデバイスで動作するため、中国では成功を収めています。

しかし、それはモバイルペイメントの可能性を示しています。そして、スマートフォン市場のApple Payが主要な支払い方法なりえる未来が確かに可能であることをしめしています。

これまで、比較的ゆっくりとした採用率がアップルペイの問題ではないと考えて来ましたが、現在、使用量を低く保つための4つの障壁があります。

すべての小売業者がApple Payをサポートしているわけではありません。銀行も低い取引額に限度がある場合とない場合があります

Apple Payが受け入れられるかどうかは必ずしも明らかではありません

これは、たとえ誰かがApple Payを購入に使用したとしても、不確実性によってカードを使うのが簡単にとる場合もあるからです。