Elon Muskのボーリングカンパニー、乗客用の電気自動車コンセプトの新しいイメージを発表

0
674

先月、Elon Muskの「Boring Company」はトンネルを掘ることだけではなく、乗用車や乗客を「電気そり」に乗せて輸送中に電気をつくることも発表しました。

同社は今週、そのトンネルを使用する乗客のため、電動スレッドコンセプトの新しいイメージを発表した。

この車両は、都市におけるトンネルのためのムスクのビジョン発表のビデオで初めて登場した。

ビデオには2種類の「電気そり」がありました。 1つは上に何も置かれていませんが、自動車を駐車するためのプラットフォームがあり、トンネルに入り、車を推進する電柱に接続します。

他の車は乗客エンクロージャを持っていて、他のそりと違って車には車輪があり、道を走ることができるはずです。

元のビデオでそれを垣間見るだけでしたが、今では同社は概念のレンダリングをもっと多くリリースしました。

今月初め、この新しい電気自動車はボーリング・カンパニーのトンネルによって可能にされた可能性のあるアプリケーションであるだけでなく、実際にトンネルを可能にする重要な部分であることを学びました。

同社は退屈なトンネルのコストを削減することを目指しており、大幅なコスト削減を実現するための主なアイデアの1つは、直径を小さくすることです。

車両が2本の線の間を移動するのではなくレール上にロックされている場合、トンネルの直径ははるかに小さくなります。 Murk氏は、直径を小さくするとトンネリングコストが3〜4倍になると見積もっています。

ある意味では、この車両は、テスラの昨年の製品ラインナップで発表されたテスラの計画された電気ミニバスに取って代わることができるように思える。

ミニバスはモデルXのシャシーに組み込まれ、ポイントツーポイントの公共輸送システムを可能にするためにテスラの最新の自律機能を備えているはずだったが、今月、彼はあまり確かではなかった共有された、完全に自律的な環境では意味をなさないものになる」

乗客の密度が高いほど交通量は増えるが、完全自律型の艦隊のコストは低く、自律的であっても経済的には魅力がないと思う。

一方、同じ概念のトンネルでは、乗客は電車で125mphに達すると考えているため、乗客は交通をバイパスして速度を上げることができます。

このコンセプトは、実際にはハイパーループの街路に入り、路上を走り抜けるポッドを使用するハイパーループワンのアイデアと似ています。

ハイパーループといえば、Boring COmpanyのトンネルは、人口密集地域でのハイパーループシステムの展開を容易にすることができるとMuskは考えています。

ハイパーループ管と電線付きトンネルは、ハイパーループ内の圧力がほぼ真空になるのとは事実上同じです。