Apple、政府の顧客データ要求で機密解除された国のセキュリティ文書を受領

0
350

アップルは、プライバシーに関する取り組みの一環として、政府や民間企業から顧客データがどのように要求されているかについて、毎年2つのレポートを発行しています。レポートは一般的にかなり一般的ですが、今週リリースされた最新のレポートには、以前のバージョンからの注目すべき変更が含まれています。

昨年7月1日から12月31日までのAppleの最新「顧客情報のための政府および民間企業の要求に関するレポート」には、この開示レポートの第1号である6か月間に、

Appleがどのようにレポートを記述しているかは次のとおりです。

Appleはお客様のデータ保護に真剣に取り組んでおり、入手可能なハードウェア、ソフトウェア、およびサービスの中で最も安全なものを提供するよう努めております。当社は、お客様の個人データがどのように管理され、保護されているかを理解する権利をお客様に与えると考えています。このレポートは、Appleが政府機関および私的当事者から、7月1日から2016年12月31日までに受け取ったリクエストに関する情報を提供します。

また、昨年受け取った秘密裏にされた国家安全保障文書について、

表7は、FISAおよび国家安全保障文書(NSLs)に基づいて受領した命令を含む、受け取った米国国家安全保障要求に関する情報を提供する。今日まで、Appleはバルクデータの注文を受けていない。私たちは、FISAとNSLの下で受け取った受注を含め、私たちが受け取ったすべての国家安全保障秩序を250のバンドで報告します。より具体的にしたいと思いますが、これは現在政府が認めている最も狭い範囲です。

詳細なレポートの表7をご覧ください。具体的には以下のとおりです。

この報告書には、当然のことながら、機密扱いされていない機密文書の数が記載されているだけで、その書簡が何に関連しているのかは明らかにされていない。アップルとFBIは、高プロファイル撮影で使用されているiPhone 5cをクラックする問題に関して、昨年の初めに非常に公然と論争しましたが、他のほとんどの要求は、公的な注目から静かに処理されています。

例えば、アップルの報告書によると、デバイスからのデータは、21,737件のデバイスリクエストを含む6か月間に要請されたリクエストの72%で提供されたという。