特許を侵害したとして告訴されたApple Payは、Visaとの議論

0
388

Appleは、Apple Payの発売により、ボストンに拠点を置く企業の特許を侵害していると非難されている。ユニバーサルセキュアレジストリのCEOであるケネス・ワイス氏は、これが初めてのことであり、彼が開発した安全な支払い技術は、Apple Payの核となるものだと主張します。

インタビューでは、特許はApple Payの3つの重要な要素すべてを網羅しているとWeiss氏は述べています。

Kenneth P. Weissは、スマートフォンを使用する認証システム、指紋などのバイオメトリック識別、および金融取引を行うための安全なワンタイムトークンの生成に関する13件の特許を取得しました。

同じ技術を複数の企業が同時に使用することは珍しいことではありませんが、このケースでは、VisaとAppleの両方が、Apple Payの発売4年前に自分の技術を知っていたと言います。

2010年には、2014年にApple Payを発売する前に、WeissはUSRの新しい特許技術の約束を実現し、世界最大の企業であるApple Inc.と米国最大の決済ネットワークであるVisa Inc.にアプローチしました企業はこの技術の商用実装を開発する。 Weiss氏は両方の企業に手紙を送って連絡を取り、最先端の技術について話し合うよう要請しました。この訴訟では、「USRはVisaとの会談で、非公開契約の保護下で特許技術の詳細なプレゼンテーションを行いました」と述べています。これらの試みの後、提携は打ち切られませんでした。しかし、訴訟によると、「AppleとVisaは少なくとも2013年1月にApple Payで共同作業を開始し、VisaはAppleとの開発プロジェクトに約1,000人を捧げた」

NY Timesとのインタビューで、弁護士のアドバイスについてロイヤルティーを求める前に、彼は訴訟を起こしていると述べた。

ユニバーサルセキュアレジストリは、Apple Payのリリース後、AppleまたはVisaからライセンス契約またはロイヤリティを求めることはありませんでした。ヴァイス氏は、特許代理人であるQuinn Emanuel Urquhart&Sullivan氏を代表する法律事務所は、最初に訴訟提起を命じた。

これらの弁護士は、Appleとの裁判で少なくとも経験を積んでいます。

Universal Secure Registryを代理してApple Pay Suitを提出したQuinn Emanuel氏は、AndroidベースのスマートフォンでAppleより長年にわたって特許訴訟を起こしていた。

AppleはNYTに近づくとコメントを控え、Visaは反応しなかった。

メリットの有無にかかわらず、大小さまざまな企業による特許侵害に対してAppleが訴訟を起こすのは珍しいことではない。