ジムボール : バウンディング型捜索救助ドローンは人命救助に活躍

球体のレスキュードローンは、柔軟な球体フレームで囲まれ、モーターを中心に備えたドローンです。衝突しても本体はぶつかりません。

ジムボールは、最近、アラブ首長国連邦から数百万ドルを獲得して、ドローンズ・グッド・コンペティションで優勝しました。危険な場所や災害に強い場所で働くように設計されています。頑丈なデザインは、人間の生き残りを探しているときに遭遇する可能性のある障害を克服するのに役立ちます。その測地的な設計のため、動く部分は人間から遠く離れており、その途中にある可能性のある付属部品を傷つけません。 Flyabilityの共同設立者でCTOのAdrien Briodは、「この飛行ロボットの目標は、昆虫の驚くべき能力を再現することです。特に、衝突しても飛行を続けることができます。

"この飛行ロボットの目標は、昆虫の驚くべき能力を再現することです。"

外側のフレームはモーター内部に依存して動くので、オブジェクトと衝突するときにも高度を維持することができます。また、必要に応じて天井や床を横切って転がることができます。

Flyabilityの無人機は安価に作成でき、捜索救助作業に安価で潜在的に貴重なツールを提供します。

動画はこちら