iOS 11のコンセプト:ドラッグアンドドロップ機能を備えたiPadのインターフェース

0
453

Appleは、iOSデバイス向けの次世代オペレーティングシステムiOS 11を1か月もかからずに発表する予定です。新しいOSのデビュー日が近づいているにもかかわらず、アップデートで期待できることはほとんど聞こえてきません。

iOS 10がiPad用の機能をほとんど提供していないのですが、毎日の仕事の多くをiPadで行うMacStoriesのFederico Vittici氏は、iOS 11アップデートでiPad専用の新機能をいくつか想像しています。

VitticiはデザイナーのSam Beckettと協力して、iOS 11のウィッシュリストを生き生きとさせ、AppleがiPadの経験を再設計する方法の具体例を示しました。

ユーザーがアプリケーション間またはiPad分割画面のウィンドウ間でコンテンツをドラッグできるシステム全体のドラッグアンドドロップ機能は、Vitticiのリストの一番上にあります。画像、テキスト、リンク、文書などは、直感的な長押しのジェスチャーを使用してドラッグできます。下の画像例では、電子メールのテキストがリマインダーのリストにドラッグされています。

想像された「Shelf」機能は、ドラッグアンドドロップと連携して、後で参照したいiPadに何かを保存する場所を提供します。 Mac上のデスクトップに似ていて、簡単にアクセスできるアイテムを格納しています。

Viticciの他のiOS 11のウィッシュリストアイテムには、検索機能とレイアウトの優れた新しいSplit Viewアプリピッカー、iCloudドライブと連携してより一貫性のあるドキュメント検索インターフェイス、高密度のホーム画面、複数の音声ストリームを扱うMacスタイルのFinderアプリ視覚的なフィードバックに重点を置いて、よりタイトなタイポグラフィのリフレッシュされたデザインです。

VitticiのiOS 11のウィッシュリストのアイテムの詳細と詳細については、MacStoriesの記事全体をチェックしてください。

https://www.macstories.net/stories/ios-11-ipad-wishes-and-concept-video/