iOS 11、AppleがGoogleのIO17から学ぶことができるもの

0
282

GoogleがIO17で、Android Oと検索エンジンのさまざまなアプリやサービスの計画を詳述したので、Appleが自社の製品で検討してほしい素晴らしいアイデアを見てみましょう。

Googleレンズ

Googleが示した最も魅力的なものの1つは、Augmented Reality、OCR、(2017年のBuzzword)機械学習を利用して、カメラを使って物体を識別し、それらについての文脈上のデータを提供するアプリ、Lensだった。それはクールなデモを作るが、これはGoogleが3年前に買収した非常に気の利いたWord Lens AR翻訳アプリに基づいている。

ARへのGoogleのアプローチ(これまでのところ)は、自己完結型のように見えることは注目に値する。第三者のプラットフォームではなく、機能だ。同社は、レンズは、サードパーティ製のARアプリケーションを構築するためのフレームワークではなく、視覚的な検索エンジン(アシスタントのオーディオ検索手法に似ている)だと説明しています。 

また、IO17に掲載されている最もクールなものの1つとして説明されていますが、Google Lensは既存のAR検索アプリとも多くの類似点を持っています.2014年のFire PhoneのFirefly機能が効果的です。

同様に、カメラを使用して製品、言語、地域、その他のデータを識別するさまざまなモバイルアプリがあります。 

アップル社は既に、光学式処理を使用して、iTunesギフトカードを(2013年から)償還する、またはiPhone Watchカメラを使用して(2015年以降)ペアリングするなどの実用的な作業を行っています。 WWDCでは、一連の最近の買収に関連して、ARとカメラマシンのビジョンの分野で、Appleの新しい仕事の少なくとも一部を見せてくれるだろう。

しかし、他のARアプリやLensのようなサービスを開始するだけでなく、マップ、iMessages、Siri、Apple Watch、Apple TVを開発に回すという従来の試みの形で、第三者ARアプリケーションのプラットフォームを提供することが期待されるプラットフォームだけでなく、製品。 Appleの最も収益性の高いサービス事業であるApp Storeは、iOSの開発プラットフォームを構築することから来ています。

次のiPhoneには、洗練されたARをサポートする3Dイメージングも含まれる予定です。 iOS 11はAR用の自社製ファーストパーティソフトウェアを構築するだけでなく、写真やビデオの撮影を指向するのではなく、イメージセンサとしての機能を目的としたiOS向けの「カメラアプリ」を提供することができます。

このような「非写真カメラアプリ」は、AR / ML / OCR指向の画像アプリケーションのプラットフォーム全体を一度に公開することができ、あなたの電話機を何かに向けて、インストールしたARアプリケーションからさまざまな解釈を得ることができます。アップルはAppleがアプリケーションプロセッサに組み込んだ洗練された画像信号処理ロジックをすべて活用しています。

Googleフォト

Google Photosには、いくつか興味深い機能が紹介されています(その人との接触であると思う写真を自動的に共有する危険性があります)。しかし、開発プラットフォームではなく、Googleにデータを送るアプリです。写真は、本質的に顔認識を披露するために、会社の基調講演のかなりの部分を占めていました。それは本当に新しいことではありません。

写真の内容に基づいて写真を共有するプロセスを自動化することは、Workflow OSレベルの自動化を使用して行うことができるものです。また、すでにAppleが新しいClipsアプリで行っていることで、顔認識に基づいてキャプチャを送信する連絡先を推奨しています。 AppleはClipsの拡張イベントを投げなかった。それはただそれを利用可能にしました。

Appleクリップは、認識された顔との共有を提案しています

AppleのClipsのデザインは、それがプラットフォームであることを示唆している。最初に要求されたときにフィルタ、タイトル、ジングルがダウンロードされる。開発者が独自のCore Imageフィルタを構築する方法や、iMessage App Storeステッカーを組み込む方法をAppleが開拓しているとは想像もしません。また、iOSは、過去5年間でSnapchatがモバイルに普及させたのと同じOSレベルのリアルタイムフィルタとステッカーを適用するFaceTimeや、AppleのiChat TheaterがMacで10年前に行ったやり方を適用することもできます。