車内のAndroid one-ups Androidオートとアシスタントなどによるネイティブコントロール

0
509

車載のインフォテインメントシステムはずっと以前よりかなり悪いものでした。タッチスクリーンが搭載されるようになっても、アプリケーション操作はよくありませんでした。 GoogleとAppleはどちらもそれを解決する方法を持っているが、車のシステムは十分な機能(気候制御など)を提供できていない。

Androidをメーカー独自のシステムに組み込むことで、Googleでは、Google AssistantやAndroidアプリなどのオプションを車に統合しやすくなります。

I / Oでは、Googleの自動車パートナーのうち2社に、Androidをインフォテイメントシステムにどのように統合したかに関するデモが行われました。ボルボのシステムを見ました。ボルボのシステムは、ダッシュボードの中央の大きなタッチスクリーンに配置されています。ここのエクスペリエンスは、ユーザーが必要な設定、コントロール、およびデータに簡単にアクセスできるようにする大きなボタンを備えたタッチ指向のものです。

最初の選択肢はナビゲーションです。Android搭載のGoogleマップとよく似た視覚的なGoogleマップの自己完結型バージョンを使用しています。そこから、Spotifyから引き出すことができる音楽設定だけでなく、Android Autoのために設計されたPocket Castなどのアプリもあります。これらは単にAndroidアプリケーションなので、開発者は簡単に更新できます。

さらに、このシステムは、ブルートゥースを使用してユーザのスマートフォンに接続し、ダイヤラの連絡先を引っ張ることができ、また通話を呼び出すことができます。気候コントロールはディスプレイの一番下にあり、常に表示されます。

このシステムの最も興味深い点は、Google Assistantの統合です。 Android Autoの場合と同様に、これはユーザーが通勤中の家庭内のスマート家電を制御するために使用できますが、車の側面を制御するためにも使用できます。

たとえば、アシスタントに車のクーラーまたはウォーマーを促すよう依頼することができ、その要求を満たすために気候コントロールとやり取りします。これは、Android Autoの設定ができないものです。さらに、アシスタントにはハンドルコントロールのタップや「OK Google」コマンドでアクセスできます。