アップル、Windows 10のインストールをシンプルにするWindows 10 Creators Updateのサポート

0
8

Appleは今週、MacOS Sierraバージョンを10.12.5にアップデートし、3つ以上のセキュリティパッチと、MacにMicrosoftの最新バージョンのWindows 10をインストールできるように変更した。

Sierra 10.12.5は、Boot Campを使用したWindows 10 Creators Updateのメディアフリーインストールのサポートを追加しました。クリエイターアップデートは、MicrosoftがWindows 10 1703に割り当てた名前で、先月発行されたアップグレード版です。

MacOSに焼き付けられたBoot Campは、Macの所有者が自分のマシンでWindowsを実行できるようにします。 Windowsライセンスが必要です。 Boot Campは、VMwareのFusionまたはParallels InternationalのParallels Desktopのような仮想化ソフトウェアではありませんが、同じ目的を果たします。カスタムまたはミッションクリティカルな企業ソフトウェアを含むWindowsアプリケーションをMacパーソナルコンピュータ上で実行します。

以前は、MacユーザーはWindows 10 Creators UpdateをBoot Campに導入するための道を踏み出しました。アップグレードがリリースされる前に公開されたMicrosoftのサポート文書によると、Macの所有者はまずBoot Campに2016年のWindows 10 Anniversary Update(別名1607)の.isoをインストールする必要がありました。 1607が導入されると、Boot Camp内からWindows 10を1703にアップグレードすることができました。

MacOSの月曜日のアップデートでは、回避策がありません。Macの所有者は、代わりにBoot CampにWindows 10 1703のディスクイメージ(.iso形式)を直接インストールすることができます。

Sierra 10.12.5は、macOSの37個の脆弱性も修正しました。 Appleはまた、シエラの2人の前任者である2015年のmacOS El Capitanと2014年のmacOS Yosemiteのセキュリティアップデートをリリースしました。