元のApple Watch OSからwatchOS 4を予想

0
772

Appleは来月WWDCでwatchOS 4を発表する予定で、Apple Watchに新しい機能と改善がもたらされるはずです。いくつかの機能を予測してみました。

最初は再編成されたコントロールセンターを使ってNow Playingコントロールに簡単にアクセスできる事です。

Now Playingは、Apple WatchのDigital Crownで音量などのオーディオ再生をコントロールできるパネルです。もともとWatch OSにGlanceが登場したとき、それはもともと時計面から上にスワイプされていました。これらは、あなたがウォッチフェイスから引き上げてスワイプした迅速な機能でした。

watchOS 3はGlainsを落とし、Dockを導入しながら、起動時にアプリをもっとちらりと見せるよう促した。 WatchOS 3は、スワイプ時に得たカードの代わりに、設定とバッテリー一瞥を組み合わせたコントロールセンターを導入し、時間の経過とともに劇場モードのような新機能を追加しました。

現在再生中のコントロールは、デジタルクラウンの下のサイドボタンをクリックしてアクセスするDockにあります。再生中は、オーディオがアクティブに再生されているときにのみ表示され、Dockアプリの一番右端にあります(保存して移動しない限り)ので、スクロールする必要があります。

このやりとりには元の方法と比べて多くのステップが必要です。これはスワイプとタップである可能性があります。

iOS 10がマルチパネルコントロールセンターで導入したモデルをコピーすることは、明白なことです。スワイプしてからスワイプまたはスクロール、スクロール、スクロール、タップ、タップ。今再生を使用する場合は、スワイプするだけでスワイプしてタップするだけです。

これとは別に、watchOS 3の現在のコントロールセンターでは、一般的に使用されているAirPlayボタンにアクセスするためにスクロールする必要があります。これは新しいNow Playingセクションに移動できます。来月watchOS 4でこれを見られる事を期待です。

次はSiriです。HomeKitアクセサリの制御、予定リストや買い物リストへのリマインダの追加、トレーニングの開始などのタスクのために、Apple Watchで毎日複数回Siriを使用しています。

SiriはwatchOS 2とwatchOS 3で多くの点で改善されています。オリジナルのWatch OSでSiriを使用した後、Apple Watchで初めてSiriを起動する方法が思い出されました。 VoiceOverを使用しなければ音声フィードバックはないので、SiriはすべてApple Watchの音声入力とテキスト出力です。

シリの波は異なって見えて、ボトムに沿ったフラットバーがディスプレイの端を強調して好きではありません。 Appleはその後Siriの外観をすべてのプラットフォームで現在のアニメーション波形に統一しましたが、watchOS 3ではアニメーションはランダムに再生され、あなたの声には反応しません。

それがちょうど知覚または実際のパフォーマンスであるかどうかに関わらず、Siriの応答性が低下しています。 Appleが処理リソースを節約するためにこれを行ったのかが推測です。、

Watch OS 1に戻って、そのバージョンではディクテーション用にカラフルなSiriアニメーションが使用されましたが、現在のwatchOSではより白と黒の音が使用されています。両方ともwatchOS 4で戻ってほしいという気持ちです。