フォードはオールエレクトリックF-150ピックアップ を検討していますが、まだ押しがたりない?

フォードは可能な全電動ピックアップトラックについてまれなコメントをした。

フォードは今年初めに、2020年にF-150にハイブリッドパワートレインを導入する計画を発表しました。ここにはプラグインパワートレインについては言及していませんが、それはまだガスに完全に依存しており、 3年後の対応となります。

今週、Business InsiderはFordのCTO Raj Nairと話し、代わりにF-150の全電気バージョンを作ることについて尋ねた。ハイブリッドバージョンは今のところより意味があると主張したが、バッテリ駆動の専用バージョンは口を濁した。

「私はそんなことを決して排除しないだろう」

フォードはその代わりに地上から建設された最初の全電気自動車をCUV(クロスオーバ・ユーティリティ・ビークル)に向けて計画している。Nair氏によると、容量について心配する必要がないからだ。

「CUVでは、ペイロードや牽引が心配されていませんが、トラックにとっては非常に異なっています。そして、あなたがその数の細胞とその重い重量を乗り物に入れると、それは積載量と牽引力に分かれます。

それはまあまあですが、テスラは、モデルSやルシードモーターズのようなセダンにはすでに100 kWhのバッテリーパックを装着していますが、もっと小型のルシードエアに130 kWhのパックに適合できると主張しています。

これらのエネルギー容量は、ピックアップで大きなペイロードや牽引性能を発揮する可能性があります。現在は高価ですが、フォードが2020年にハイブリッドバージョンを発表するまでには、はるかに少なくなります。いずれの場合も、そのセグメントでさらに大きくなります。

現在のエネルギー密度とバッテリーのコスト改善では、2020年のHEVパワートレインは古い技術のように感じられるでしょう。