アップル、画面に埋め込まれたベゼルのないディスプレイとタッチIDボタンの特許

0
374

Appleは今日、iPhone 8から期待される2つのヘッドライン機能、すなわちエッジ・トゥ・エッジ・ディスプレイと画面に埋め込まれたタッチIDボタンの特許を取得しています。

エッジ・トゥ・エッジ・ディスプレイの特許は、かなり平凡な見出しを持っています。「デバイスのボーダー・エリアを減らす」というのは、ほとんどフラットなディスプレイがデバイスの側面を包み込むように湾曲したボーダー・エリアを持つ方法を説明しています。

これは、デバイスの表示/インタラクティブタッチ領域を最大にするように、電子デバイスの境界領域を縮小するための方法およびシステムに関する。特に、フレキシブル基板を使用して、ディスプレイパネルおよび/またはタッチセンサパネル(ここでは集合的に「回路パネル」と呼ぶ)を製造し、ディスプレイパネルおよび/またはタッチセンサパネルの縁部タッチセンサーパネルを曲げることができます。エッジを曲げることは、パネルの幅(または長さ)を減少させることがあり、その結果、デバイスの表示/タッチアクティブ領域を減少させることなく、デバイス全体をより狭くすることができる。

埋め込まれたタッチID特許は、Appleが提出したさまざまなアプローチの1つで、Appleが提出したものの1つです。これは2月に付与された別の特許の言語を再利用し、ユーザーが画面から指を離さずに認証できるという利点を説明しています。

例えば、上述のように、指紋センサが電子デバイスまたはホストデバイスに組み込まれる場合、特に電子デバイス上の別のタスクまたはアプリケーションを実行している間に、より迅速に認証を行うことが望ましい場合がある。換言すれば、ユーザが別個の認証ステップで認証を実行すること、例えば、認証を実行するためにタスクを切り替えることは、望ましくない場合がある。

Appleの特許では通常通り、図面は特定のデバイスタイプを示すのではなく、本質的に一般的なものです。

この特許は、iPhone 8であると主張されているCAD図面に基づいて、新しいレンダリングが現れた日に付与されています。