アップル、新しい ‘Today at Apple’のウェブサイトを開始

0
421

Appleは先月、店内の教育と創造的なクラスにもっと重点を置く新しい "Today at Apple"リテールイニシアチブを発表した。今、Appleは、小売業の取り組みに専念する新しい "Today at Apple"ウェブサイトを立ち上げました。

Appleはウェブサイト上で、来るべきクラスやイベントのスケジュールを見たり、関心があるかもしれないものについてはRSVPを見ることができます。まったく新しいウェブサイトは、以前は店内のイベントやクラスを管理するためにAppleが使っていたものと概念が似ています。違いは、今日のアップル・プログラムの一環として、もっと広範なイベントが予定されていることです。

ウェブサイトでは、Appleが小売店でどのようなイベントを開催しているかを見ています。たとえば、GarageBandやiMovieなどのソフトウェアの詳細については、両親が子供を連れて来る新しい「Kids Hour」プログラムがあります。 「Kids Hour」には、Sphero製品のコーディングの基本とロボット技術も含まれています。

ニューヨークやサンフランシスコなどの大規模な市場では、Tech Crunchの言葉通り、アップルにはパフォーマンス、講演、スピーチのために予約された著名なアーティストがいる。たとえば、Lil Buck、Charlie Puth、Leon Bridgesはサンフランシスコで、Christopher MartinはSoHoでBrooklynとEstelleで演奏します。

さらに、音楽作成、ビデオ編集などのための「ハウツー」セッションもあります。また、ビジョンや難聴の人や機動性の低下した人にAppleデバイスを使用させるための「アクセシビリティベーシック」シリーズもあります。

その他のクラスには、プロジェクト固有のヘルプのスタジオアワー、火曜日の教師、プロフォーカスクラス、ライブアート、音楽ラボ、フィールドトリップ、Appleキャンプなどが含まれます。