ARMホールディングスは、昨年、日本のソフトバンクに売却後以降、初めての年間売上を記録

0
420

ケンブリッジを拠点とするグループの収益は、3月末まで12ヶ月で22%増の12.7億ポンドとなり、ARMのウェブサイトに結果が発表された。

同社の四分の一は、今週早くも発表される予定のロンドンに本拠を置く技術基金であるソフトバンクのビジョンファンドであるソフトバンク(Softbank)の758億ポンドに譲渡される予定だ。

アップル、クアルコム、サウジアラビアのソブリン・ウェルスファンドを含むファンドは、今後数日以内に確定する予定である。

ARMは英国最大の上場テクノロジー企業で、ソフトバンクはBrexitの投票直後に7月に同社を買収することに同意した。この取引の反対派は、EUの国民投票後に日本の技術大手がポンドの崩壊を利用しており、売却が政府によって精査されなければならないと述べた。

ARMのマイクロチップデザインは、AppleのiPhoneやiPadをはじめ、着用可能な技術、接続された車、「物のインターネット」デバイスなど、ほぼすべてのスマートフォンやタブレットコンピュータで使用されています。

今年の初めに、その設計を使って1000億個のチップが作られたと語った。ソフトバンクの孫正義最高経営責任者(CEO)は、これが今後20年間に1兆チップに増加すると述べた。

同社の業績は、収益性の指標である調整後利益が7%増の6億1400万ポンドとなった。このアカウントは、ARMが研究開発と新規スタッフの採用に多額の投資をしていることを明らかにしています。総従業員数は4,064人から4,852人に増加し、英国では1,609人から1,937人に増加しました。研究開発費は半額以上で349百万ポンドとなった。

ソフトバンクは、昨年の取引を円滑にするために、英国と全体の5年間でARM従業員の数を2倍にすると約束し、その基盤は英国に残ると述べた。

ARMは、スマートフォンの市場が飽和するのに伴い、接続された自動車などの市場における地位を高めることに注力してきました。同社の技術を使った177億個のチップが前年度の151億ドルから増えたと発表した。売り上げも弱いペースで上昇した。

先週、ソフトバンクは、現実世界のシミュレーションを構築する英国の新興企業、Improbableに5億200万ドル(390百万ポンド)の投資を行ったと発表した。この取引は、数十億ドル以上の価値を持つ民間英国のハイテク企業のうち、ほんのわずかしか存在しない企業になった。