アップル、2億ドルで「ダークデータ」の機械学習とAI企業のラティスデータを取得

0
402

TechCrunchのレポートによると、アップル社は、いわゆる「ダークデータ」に関する人工知能を専門とするラティス・データ社を買収した。同報告書は、数週間前に契約が終了したと説明している。ラティス・データのエンジニアがアップルに加わりました。

アップルは同社の2億ドル前後の価格を支払ったとみられるが、その計画に関する他の具体的な情報は不明だ。 AppleがLattice Dataについてコメントしたことはありませんが、同社は買収について尋ねられたときに標準的な声明文を出しました。

「Appleは時々小規模のテクノロジー企業を買収しており、私たちは一般的に私たちの目的や計画について話し合っていません」

本質的に、ラティス・データが行うことは、「ダークデータ」、またはテキストやイメージなどの非構造化データを取り込み、それを構造化データに変換することです。同社は、「人間的な品質と機械の口径スケール」を採用していると述べています。データの70〜80%は、構造化されていない暗いデータです。したがって、そのデータは処理および分析に使用できません。

しかし、ラティスのデータが入ってくるところでは、その非構造化データを機械学習を使って処理と解析に役立つデータに変換しています。

ラティス・データは、2015年にスタンフォード大学の研究を基にしたChristopherRé、Michael Cafarella、Raphael Hoffmann、Feng Niuによって設立されました。同社は、GV、Madrona、InQTelから約2,000万ドルを調達していた。

今日のレポートによると、ラティス・データは、アップルがラティス・データを使って人工知能を強化しようとしていることを示唆している。

アップルは他の機械学習と人工知能の買収を行った。同社は昨年、シアトルに拠点を置くTuri社を買収し、同時にシアトルのオフィスを拡大し、機械学習と人工知能に重点を置いた。 Turiの買収後、Appleは将来の製品機能を構築するために会社を専用の機械学習部門に転換しました。

ラティスのデータ取得から見て分かることは、まだ残っているようです。それにもかかわらず、アップルは明らかに、AIと機械学習の取り組みを進めることに深く関心を持っています。