アップル、コーニングに2億ドルを投資してゴリラ・グラスを改良

コーニングのケンタッキー州に拠点を置くガラス製造施設で、アップルの10億米ドルの製造ファンドの第一受益者です。

米アップル社は10億ドルの米国製造ファンドを稼働させるために時間を無駄にしないと発表した。金曜日、コーニングのケンタッキー州ガラス製造所に2億ドルを投資すると発表した。

コーニングは誰もが知っているように、1日目からAppleがiPhoneやiPadで使っていたガラスを製造しています。

「コーニングは、革新を続けているサプライヤーの素晴らしい例であり、Appleの長年にわたるサプライヤーの1つです」とApple COOのJeff Williams氏は金曜日の記者会見でこの投資を発表しました。 「このパートナーシップは10年前に最初のiPhoneで始まりました。今日、世界中のどこでもiPhoneやiPadを購入しているすべての顧客は、アメリカで開発されたガラスに触れています。我々は何年にもわたって我々のコラボレーションを非常に誇りに思っており、革新的な製造プラクティスの豊富な遺産を持つコーニングにさらに投資しています。

アップルとコーニングは長年の関係を築いています。コーニングは、最初からiPhoneとiPadのためにガラスを製造しています。

2007年に導入されたコーニングのGorilla Glassは、Appleのデバイスの開発に大きな役割を果たしました。コーニングは、設備、ガラス加工、研究開発に向けて2億ドルの投資を活用して、超高強度ガラスの新しいバージョンを作ることができます。ある時点でAppleは別のメーカーのサファイアガラスをテストしていたが、サファイアがiPhoneで使用するには弱すぎると判明した後、その計画は飛び火した。同社はコーニングに戻り、ゴリラ・グラスは定番のままでした。

コーニングとアップルとのビジネス関係は、すでに米国で1,000人近くの雇用を創出しています。同社がアップルの投資で人員を増やすかどうかは不明ですが、完全に可能です。

コーニングのCEOウェンデルウィズス氏は、「この投資は、ハロッズバーグの工場がガラス技術の世界的な拠点となることを確実にしてくれるだろう」と述べた。