アップルは、WWDCで10.5インチのiPad ProとSiri Speakerを発売する可能性が高い

1
324

AppleのWWDCカンファレンスは6月5日に始まり、主にソフトウェアカンファレンスですが、信頼できるAppleのアナリストKGIのMing-Chi Kuo氏は、Appleが来月に2つの新しいハードウェア製品を発売すると予想していると報告しています。

以前の主張を繰り返すと、クオ氏によると、Siri Speakerは全く新しいカテゴリーの可能性が50%以上あるという。さらに、彼は基調講演で発表される10.5インチのiPad Proのすべての新しいデザインの70%以上のチャンスがあると言います。

明らかに、新しいオペレーティングシステムの発表は避けられません。これは、AppleがiOS 11、macOS 10.13、tvOS 11、およびwatchOS 4の主要な機能アップデートをすべてのプラットフォームに発表することを意味する。 KGIは、新しいソフトウェアがもたらす機能性や変更点については把握していませんが、予測されるハードウェアの提供に関する注意事項が含まれています。

iPadについては、KGIは10.5インチのiPad Proをまったく新しいデザインと表現しています。アップルがWWDCで発表するKGIの考えは、10.5インチのiPadの量産が第2四半期頃に開始されると予想していることに基づいている。アクセサリーメーカからの漏れは、10.5インチモデルの6月発売のアイデアを支持している。

10.5インチのiPadは、9.7インチのiPad Proに似ていますが、より細いベゼルが特徴です。デバイスは大きなディスプレイを同じおおよそのシャーシサイズにパックします。これは、今後のiPhone 8のデザインをエコーします。これは、ベゼルレスの噂の渦巻きで包まれています。 KGIは今年、Appleが企業や商業分野をターゲットにして約600万台の10.5インチiPad Proを出荷することを期待している。

アナリストによると、Siri Speakerは会議で「ホームAIのソフトウェア開発の詳細の発表」とともにデビューする予定だという。彼の以前の報告書を参照すると、KGIは、Siriスピーカーデバイス(仮称)がAmazon Echoよりもプレミアムオーディオ品質と高価格タグを誇っていると予想しています。今日のレポートでは、このデバイスに「タッチパネル」が追加されたという新しい話題があります。静電容量型ボタンやタッチスクリーンディスプレイ、ラ・アマゾンエコーショーのようなものを意味するのかどうかは明らかではありません。

ここ数年、WWDCはソフトウェアのみのショーでした。同社が新しいハードウェアをリリースしたり発表したりするのは前例のないことではない。 2012年には、WWDCが最初のRetina MacBook Proを開催し、2013年にはTrashcan Mac Proのスニークピークが見られました。 2015年には、Appleが会議で第4世代のApple TVを発表する予定だったことが広く噂されていましたが、これは発生しませんでした。

アップルのWWDCカンファレンスは6月5日に始まり、イベントはAppleのウェブサイトで公開され、誰でも見ることができます。同社が新しいiPad Pro、Siri Speaker、そしていつものソフトウエアアップデートを一度に発表すれば、確かにパッケージングされた基調講演になります。