Googleの新しいフクシアOSと「Armadillo」UI

0
491

Googleは、最近、フクシア(Fuchsia)と呼ばれる新しいモバイルオペレーティングシステムに注意を喚起した。 Androidとは異なり、FuchsiaはLinux上に構築されるのではなく、Google独自のMagentaカーネルに組み込まれており、自社のFlutter SDKも利用しています。

これはすべて、フクシアはAndroidとはまったく異なるプラットフォームであることを意味しています。それは、Android用の最終的な置き換えから、Flutterアプリケーション用のテストプラットフォームに至るまでのあらゆるものになる可能性があります。

実行中のビルドは初期のプレビューにすぎないので、欠落している機能、リンクが壊れていたり、プレースホルダが残っていますが、FuchsiaのArmadillo UIの初期の感触を得るのに十分なコア機能があります。ホーム画面は、Android上の[最近のアプリ]ビューと同様に、実行中のアプリの垂直方向にスクロールするリストです。一番下には、時間、日付、いくつかの設定トグルなどの基本情報を持つパーソナルカードがあります。

フクシアの最も興味深い部分はマルチタスク機能です。今はAndroid 7.0 Nougatで分割画面アプリを実行することに慣れていますが、Fuchsiaは一度に2つ以上のアプリを実行できるという点でさらに進歩しています。ホーム画面からアプリをドラッグすることで、同時に4つのアプリを実行することができます。これは間違いなく、モバイルプラットフォーム上でのマルチタスキングに対するユニークなアプローチですが、すぐに混乱すると感じるかもしれませんが、現行のオプションよりも確かに有能な方法です。