ALL-Controllerは、Xbox One、PS4、iOS / Androidデバイスをサポート

0
871

ゲーマーならば、家に少なくとも2つの異なるコントローラーが存在する可能性が高くなります。 1つはXbox用、もう1つはPS4用、もう1つはMac / PCで使用するゲームパッド、次に自分の携帯電話です。 iOSとAndroidゲームの負荷が大きくなり、物理的な外部コントローラを搭載したほうがはるかに優れています。確かにこれは少し迷惑なものにするオプションがあります、そして、ほとんどのハードコアコンソールゲーマーにとって、それは最初のパーティーのオプションか何もありません。それにもかかわらず、ジョブを完了させることができるユニバーサル・ゲームパッドは、ALLコントローラと呼ばれる作品に含まれています。

内蔵の320 x 240 TFT LCDディスプレイと2.4GHz無線トランシーバを搭載したBluetooth 4.1を搭載し、市場のほぼすべてのプラットフォームやコンソールをサポートするALL-Controllerは有望です。具体的には、PS3、PS4、Xbox 360、Xbox One、PC、Mac、Linux、Steam(PC)、AppleやAndroid TVでも動作するとしている。

デジタルデプスはそこで停止していませんが、特定のドローンやニンテンドースイッチ、Wii、Wii Uを制御することもできます。開発者はエミュレータなどのように聞こえる "Retro Gaming" VRプラットフォーム明らかに、「Mac用ポータル[Steam on on Steam]」を再生できるコントローラだけです。

コントローラーには、有線、無線、Bluetoothの再生を完全にサポートして、これらのすべてのプラットフォームを実行するための18個のドライバーが搭載されています。必要なドライバ/プラットフォームをロードするには、LCDディスプレイをナビゲートするだけです。保存できるユーザー作成プロファイルは最大16個あります。コントローラー上のボタンの機能(PCゲームを含む)やプレイしている各ゲームのジョイスティックの感度をあまりにも完全に再マップして、アクションに戻ったときにすばやく呼び戻すことができます。

ここで重要な仕様の1つに、最大連続再生時間40時間と160フィートの無線範囲のための1000mAhバッテリーが含まれます。まだMFiの状態についての言及はありませんが、プロジェクトはまだ初期段階です。 Digital Depthは、まだライブにはなっていないようですが、いつでも起動するように設定されているサウンドで、Kickstarterのキャンペーンを制作しています。いずれにしても、このような普遍的なコントローラーに公衆がどのように反応するかを見ることは興味深いでしょう。 Xboxパッドを持ち上げる人は簡単ではありませんが、カジュアルなものにはこういう市場があるかもしれません。