企業プロファイル:シンシナティ・ファイナンシャル・コーポレーション

0
856

シンシナティ・ファイナンシャル・コーポレーションは持株会社です。子会社は損害保険(Cincinnati Insurance、Cincinnati Casualty、Cincinnati Indemnity)、生命保険および健康保険、金融サービス(CFC Investment Company)の分野で事業を行っています。同社は独立系保険会社を通じて保険商品を販売している。 2016年財産/損害保険料の分配:商業用回線、64%;個人的なライン、36%。従業員は4,754人です。役員および取締役は株式の9.2%を所有しています。ヴァンガードグループ、8.0%; BlackRock、7.4%;ステートストリート、6.3%

Chairman: Kenneth Stecher.

 Pres. & CEO: Steven J. Johnston. 

Inc.: Ohio.

 Addr.: 6200 S. Gilmore Road, Fairfield, Ohio 45014.

 Phone: 513-870-2000. 

Internet: www.cinfin.com

シンシナティ・ファイナンシャル・コーポレーションは、2017年に軌道に乗ることを目指しています。同社の早期の合算比率(損害率と経費率の合計)を削減しようとしたにもかかわらず、天候に関連した大災害損失の増加は、今後の経営陣は、新たなビジネス文書、より厳格な引受基準、プレミアム・インクリメント、最新のリスク・モデリング・ソフトウェアの組み合わせにより、複合比率の低下と全体的な収益性の向上が可能になると考えています。すべてのことが言われて、私たちはシェアネットは昨年の兆候を狭く食い止めるだろうと予想し、すべてが言われて行われたときに約3.10ドルを集計する。オハイオ州に拠点を置く損害保険会社は、四半期の現金配当金を引き上げた。確かに、それは配当を0.02ドル、つまり約4%引き上げて0.50ドルになりました。この行動は、同社の改善された見通し、健全なバランスシート、および株主価値を高める意欲を反映しています。あまりにも多くの投資家は、3年後から5年後にはさらに配当を増やすことを考えています。シンシナティは2018年にさらに一歩前進しなければならない。私たちは来年の最終段階で最高水準の水準を掲げるCINFを予測していないが、いくらかの進歩を記録しなければならない。金利上昇の気候は、業界全体の生産能力の低下とともに、全体の業績を高める可能性が高い。さらに、保険者の堅実な保険料保持水準と改訂された再保険部門は、よりよい結果を支持すべきである。同社は、ハリケーン・マシュー(Hurricane Matthew)を含む大型クレームの落とし穴を横断し、長期的な収益回復を目指している。 1株当たり利益は、2018年には3.25ドルになるはずです。この中立的にランク付けされたこの問題は、2020年から2022年にかけてのトレッキングでは平均以下の資本増強の可能性を秘めています。つまり、これらの株式は、投資家にリスク調整後の収入のまともな源泉を提供します。収益を上げ、リスクを削減することを目標とした新しいイニシアチブが予想よりも長くかかり、燃料の成果が上がる可能性があるため、投資家はここで辛抱強く待つ必要があります。加入者は、より高い金額がより健全な経営基盤と安定性の向上を指し示すため、準備金水準を前向きに見守っていきたいと考えています。