アップル、Maps画像コレクションをConnecticut、New York&Arizonaの新しいエリアに展開

0
650

過去2年間、Appleは米国やその他の国の車両を使ってApple Mapsのデータを収集してきました。現在、同社はさらにその努力を拡大し、初めてコネチカット州でバンの艦隊を展開しています。

同社のアップルマップの車両ウェブページに記載されているように、アップルは初めてニューイングランドで、カメラとセンサー搭載のバンとのApple Mapsデータ収集を初めて続けている。コネチカット州への拡大は、アップルがマップデータを収集した34番目の状態を示しています。

以下は、Appleが今後数週間にわたりパトロールするコネチカット州の郡一覧です:

フェアフィールド郡、ハートフォード郡、リッチフィールド郡、ミドルセックス郡、ニューヘブン郡、ニューロンドン郡、トランド郡、ウィンダム郡

AppleはConnecticutへの拡張に加えて、Apple Mapsバンをニューヨークとアリゾナの新しいエリアにも展開しています。以下はその新しい町です:

ニューヨーク

ケンタッキー郡、ケンガング郡、チェンガロ郡、コトランド郡、ダッチェス郡、ジェネシー郡、リビングストン郡、マディソン郡、ナッソー郡、ナイアガラ郡、オンナガガ郡、オンタリオ郡、オレンジカウンティのAllegany郡、ブルーム郡、Cattaraugus郡、Cayuga郡、オルレアンズ郡、パトナム郡、ロックランド郡、Schuyler郡、セネカ郡、スチュベン郡、サフォーク郡、サリバン郡、ティオガ郡、トンプキンス郡、アルスター郡、ウェイン郡、ワイオミング郡、

アリゾナ州

ラパス郡、マリコパ郡、ピナル郡、ユマ郡

Appleはこのデータを使用して、ストリートビューの映像や3D映像などの高度な地図データを収集すると広く考えられています。しかしApple自身の自家用車の取り組みが進んでいる中で、アップルはこれらのバンを使ってそのプロジェクトを支援するためのデータを収集している可能性もあるとの見方もある。もちろん、任意の種類の地図データが自律走行に役立つため、両方向で動作する可能性があります。

まず、2015年にアップルのカメラ搭載バンは、アップルが2018年までに独自のマップデータを提供するという目標に向けて働いていることを説明しています。