アップルCEOティムクックが収益成績に続いてCNBCのマッドマネーに登場

CNBCは、ジム・クレーマーとマッド・マネーのアップルCEO、ティム・クックとの独占インタビューを行うと発表した。座談会は、午後6時に放送され、昨日の四半期決算報告に続きます。

CNBCのインタビューでは、アップル社のCEO、ティム・クックはCNBCのジム・クレーマーと5月3日水曜日の午後6時に「マッド・マネー」(M-F、6 PM〜7 PM ET)で放映されました。

クック氏は、昨年、利益確定のためのインタビューのためにCramerに加わった。今年は、売上高が前年同期を下回ったため、アップルが対処しているiPhoneの大部分がアップルのハイエンド見積もりを若干下回っている。

Appleは昨日、5070万台のiPhone、890万台のiPads、419万台のMacから1103億ドルの収益で529億ドルの収益を計上した。 1年前の同じ四半期に、Appleは506億ドルの収益、105億ドルの利益、51.1百万のiPhoneの販売、10.2百万のiPadsの販売、4百万のMacの販売を報告した。

収入募集中、クック氏はiPhoneの売上を一時停止したと主張した理由の一部として、iPhone 8の噂を引用した。