企業プロファイル:Air Products & Chem.

0
839

エア・プロダクツ・アンド・ケミカルズ・インクは、世界中のエネルギー、産業、技術、およびヘルスケア顧客に、様々な大気(酸素、窒素)およびプロセス(水素、ヘリウム)ガスを供給しています。同社は水素およびヘリウムの世界最大のサプライヤーであり、水素、半導体材料、および天然ガス液化市場向けのリーディングポジションを有しています。 FY2016:研究開発:売上高の1.4%海外売上高の60%。約18,600人の従業員を抱えています。パーシング・キャピタル・インゲルメント株式の7.8%を所有しています。ステートファームミューチュアル、7.1%;バンガード、5.9%;役員および取締役、0.3%

Chairman, Pres. & CEO: Seifi Ghasemi. 

Inc.: DE. 

Addr.: 7201 Hamilton Blvd, Allentown, PA 18195

Telephone: 610-481-4911

Internet: www.airproducts.com

最近の売却は、2017年度(9月30日終了)にエア・プロダクツ・アンド・ケミカルズの売上高および利益に影響を与える可能性があります。同社は、1月に現金で38億ドルでパフォーマンス材料グループの販売を終了した。エアプロダクツも10月にエレクトロニクス材料事業を分社化した。両部門は、2016年度に約20億ドルの売上高および約530百万ドルの営業利益を生み出しました。北米における液体およびバルク工業ガスの最近の価格上昇は、売却された事業からのトップラインへの打撃を緩和するのに役立ちます。また、2017年度には韓国とインドの新ガスプラントの生産が予定どおり進められており、売上高は80億ドルに減少し、今年の株価は6.50ドルに下落する見込みです。中国、韓国、サウジアラビアの拡大プロジェクトは、量産を拡大し、高成長アジア市場でシェアを獲得するのに役立つはずです。さらに、リストラ計画と前述の資産売却は、おそらく産業ガス事業における効率性の向上と運用コストの削減につながるであろう。したがって、売上高は前年度比9%増の8.75億ドルとなる見込みです。株価収益は、当社の見積もりによると、前年比0.50ドルから7.00ドルに回復する。同社は四半期配当金を10%増額した。エアプロダクツは、1月の四半期決算を1株0.86ドルから0.95ドルに引き上げた。増加した分配は5月初めに支払われる。現在の利回りは、バリュー・ライン投資調査の株式の中央産出額をほぼ70ベーシス・ポイント上回っています。買収は、長期的に売上と利益に向けて腕の中のショットを提供する可能性があります。経営陣は、資産売却による収益の一部を債務返済のために使用する予定です。バランスのとれた、エアプロダクツは、産業ガス事業における企業または資産の買収を目標としています。これらの株式は、リスク調整後の確実なリターンの可能性を秘めています。 APDは、安全のために最高(1)ランク、財務力のためにA ++を保持しています。株式は長期的な資本増強の可能性を秘めています。上記の平均利回りは、総返品額をも補うものでなければなりません。