アナリスト:アップルはメディアやクラウドの分野で「大規模買収」を利用してサービスの成長目標を達成できる

0
483

バークレイズのアナリストのコメントによると、アップルの財務部門の第2四半期決算は、Appleがメディア企業の大手買収を目指しているとの見方を示している。

アナリストのMark MoskowitzとDaniel Gaideの報告によると、この動きにより、Appleのサービス売上成長の目標をiPhoneの売り上げとともに減速させることができ、メディアとは対照的にクラウドサービスで企業を買収する可能性もあるという。

Appleは1月に休暇の四半期決算報告を発表し、今後4年間でApp Store、iCloud、Apple Pay、Apple Musicなどの収入源をすべて含む収益を倍増させることを計画している。バークレイズは、この目標を達成するためにAppleが何をしなければならないのかを明らかにしている。大規模な買収が順調である可能性が高く、

このレベルの持続的な成長は、スマートフォンの交換サイクルが伸び、ベースの成長が遅くなると我々の見解では難しいかもしれません…今後4年間でサービス収入を2倍にする目標を達成するためには、収益は19%のCAGR 。収益成長率CAGRが、ブルケース率25.0%で維持されれば、Appleは倍増目標を112億ドル上回るでしょう。しかし、売上高が10%のCAGRで成長するだけであれば、Appleはサービス収入目標を136億ドル下回ります。私たちの見解では、サービス収入が不足していると見られれば、アップルは収入不足を買収に結びつけることができます。

「多くの投資家は現在、アップルの大手買収がメディア部門に集中すると信じている」と述べている。バークレイズは特に企業は言及していないが、最近数カ月の交渉が報告されている。

最も注目すべき報道には、パラマウントとソニーのエグゼクティブとの買収討論、Appleがコンテンツ取引や買収に関するロン・ハワードのイマジネ・エンターテイメントとの会談、昨年、AT&Tの買収協議の中でタイム・ワーナーに訴えた昨年の報告などがある。しかし、バークレイズは、クラウドサービス分野での買収がそうであると考えている。

私たちの会話に基づいて、多くの投資家は現在、アップルの大手買収がメディア部門に集中すると考えています。しかし、クラウドを買収することで、企業に大きな露出を与え、長期的には大規模な消費者クラウドリソースを利用できるようにすることで、長期的にAppleのポジションを向上させることができると考えています。

AppleのCFO Luca Maestri氏は、1月に4年間でサービスを2倍にするという目標について質問されたところ、App Storeは中国を中心に著しい成長を見せており、Apple MusicとiCloudストレージも期待される増加を助けると期待されている。同氏はまた、App StoreとiTunesでの取引を行っている人の数が2桁増加しており、時間をかけてより多くの費用を支払う意思があると述べた。

今日のAppleの収益についてのBarclaysの予測については、アナリストの平均収入は約53億ドルで、iPhoneの販売台数は約5200万ではない。また、同四半期のバークレイズの数字は、iPad販売850万台、Apple Watch販売2百万台、Mac販売台数470万台と推定されています。