プロファイル:インテル

0
527

Intel(INTC-Free Intel Stock Report)は、Dow-30コンポーネントであり、世界中の半導体の大手メーカーです。同社の主力製品には、マイクロプロセッサ、マイクロコントローラ、メモリチップなどがあります。インテルは、パーソナルコンピュータ、通信、産業オートメーション、軍用、およびその他の電子機器を含む多くの異なる最終市場にサービスを提供しています。外国の収益は、同社のトップラインの大部分を占めています。

リトル・ヒストリー

インテルは、1968年にゴードン・E・ムーア(「ムーアの法則」)とロバート・ノイスによって設立されました。 3人目の従業員は、1980年代と1990年代の間にインテルの高官を務めたAndy Groveでした。同社は当初Integrated ElectronicsまたはIntelと呼ばれていました(Integratedの最初の3文字とElectronicsの最初の2文字を使用しています)。インテルはその歴史を通じていくつかの異なる段階を経て成長してきました。初期段階では、チップ、特にスタティック・ランダム・アクセス・メモリ(SRAM)トランジスタを製造する能力によって同社が特定されました。 1970年代には、製造プロセスの拡大と改良、製品ポートフォリオの多様化に伴い、業界の巨人のビジネスは著しく成長しました。しかし、メモリデバイスは引き続き同社のパン・アンド・バターであった。チップメーカは、1971年に最初に市販されていたマイクロプロセッサ(インテル4004)と1972年に最初のマイクロコンピュータの1つを開発しました。

現在の構造への坂道

同社のトップラインとボトムラインは、パーソナルコンピュータで使用されていたメモリマイクロプロセッサのおかげで、1980年代と1990年代に著しく成長しました。具体的には、インテルのPentiumチップは、多くのパーソナルコンピュータで利用されていたため、家庭用の名前になりました。 2000年以降、ハイエンドマイクロプロセッサーの需要の伸びが鈍化しました。競合他社、とりわけAMD(Advanced Micro Devices)は、ほとんどの製品分野で市場シェアを獲得し、インテルの成長を傷つけました。同社のCEOであるCraig Barrettは、マイクロプロセッサを超えてビジネスを多様化しようとしていましたが、こうした努力のほとんどは実りあるものではありませんでした(たとえば通信市場)。

負の勢いを相殺するために、インテルは技術的なリードを取り戻すための新製品開発モデルを発表しました。 「ティック・トゥック・モデル(tick-tock model)」と名付けられたこの計画は、マイクロアーキテクチャーとプロセス革新の年1回の変更に基づいていました。 2006年、インテルは、65ナノメートルのダイサイズを縮小したPentiumおよびNetBurst製品を製造しました。ずっと後で、それは市場によってよく受け取られたそのCore microarchitectureを発表しました。この製品は、前任者(NetBurst)に関連するボトルネックを減らし、企業の競争力を回復するのに役立ち、プロセッサ性能の飛躍的な飛躍として認識されました。 2007年にIntelはPenrynマイクロアーキテクチャーの導入により、65nmから45nmへのダイ縮小を経験したことでもう一つのブーストを受けました。さらに、翌年、同社は成功したNehalemマイクロプロセッサーと、32ナノメートルの製造プロセスに対応したダイスをリリースしました。 AMDがIntelに対して進歩を遂げるたびに、業界は驚異的なサイズと技術力を活用して戦いを止めました。結局のところ、同社は少なくともライバルのAMDに対して市場シェアを失ってしまった。

買収による成長…

同社は業界ヘビー級としての地位を取り戻し、強固な経営陣は競合他社の多くを支持しています。マイクロプロセッサ市場における技術者のシェアは約80%です。しかし、このセクターは経済的に敏感です。したがって、インテルはもう一度他の分野にも広がっています。コンピュータセキュリティ技術のメーカーであるマカフィーを買収した。買収価格は77億ドル近くで、同社の歴史上最大の買収であった。さらに、技術者はインフィニオンテクノロジーズのワイヤレスソリューション事業を14億ドルで買収しました。この買収により、インテルは現在のWi-Fiおよび4G WiMax製品をインフィニオンの3G機能に拡張し、製品のLTE(長期的な進化)を加速するIntelの計画をサポートします。

私たちは、これらの動きを長期的な戦略として強く見ています。インテルは数十年にわたりパーソナルコンピュータ市場で猛烈な力を発揮してきましたが、半導体セグメントの他の主要セグメントには存在しないため、利益成長の可能性が制限されている可能性があります。さらに、近年、パーソナルコンピュータ業界では競争が激化し、平均販売価格が下落しているため、このセグメントの多様化は当社にとってうまくいくと考えています。

…そして製造とマージンの強化

インテルは積極的に研究開発に投資しており、今後も継続していく予定です。その結果、興味深い成功した新製品が着実に流入しています。それは、近い将来、一桁台半ばのクリップで収益が上がると見ていますが、年間収益は2桁成長するはずです。マージン利益の主な手段は、さらなる製造改善によるものと考えています。同社は現在、32ナノメートルプロセスで大部分のチップを製造しています。我々はすぐに22ナノメートルの方法論に移行することを望んでいる。さらに見ると、インテルは16ナノメートルのプロセスでチップを生産し、その後11ナノメートルの移行が起こる可能性が高いと考えています。 Die shrinkは、より多くのトランジスタを各ウェーハ上に配置できるようにすることでコストを向上させます。注目すべきもう一つの要因は、同社の国際的なエクスポージャーです。外国の収入は、同社の総収入の約85%を占めています。インドや中国などの新興国市場では、成長の余地が十分にあるため、この数値は今後も引き続き高水準になると考えています。

結論

インテルは、技術分野への露出を求めている人にとって有利な選択肢です。近年、これらの株式は、平均リスクレベルを下回るバリューライン(算術)指数と比較して競争上のリターンを掲げています。実際、インテルの株価は、バリュー・ラインの安全上のトップランクの1つを受け、株価安定性については高い評価を受けています。これは、業界の不安定な性質を考慮すると、半導体メーカーにとって特に印象的です。また、同社は現在、年率換算で1株あたり0.84ドルの多額の配当を支払っている。当社は、当社の利益成長の前提に基づいて、さらなる減速を見込んでいる。投資家は、競争相手の多くはそれほどではありませんが、厳しい経済状況の影響を受けやすいと認識しています。