ダウ30収益:ボーイング第1四半期2017

0
452

ボーイングの株式(BA-Free Boeing Stock Report)は、航空宇宙/防衛大手が第1四半期の業績が混乱した後に滑り落ちた。レポートは全体的にはかなり良好で、経営陣は収益指針を上げたが、株価は過去最高値近くで取引されていたため、バーはかなり高く設定され、数字は顕微鏡下にあった。

ボーイングの利益は予想を上回り、GAAPベースで2.34ドル、特定の項目で2.01ドルの調整を受けた。前年同期の評価はそれぞれ1.83ドルと1.74ドルで、目標は2.25ドルでした。しかし、トップラインは少し明るかった。これは投資家の主なポイントだったようだ。具体的には、収益は前年度比7%減の209億7,600万ドルとなりました。この減少は、様々な航空機配達の時期を反映していますが、さらに穏やかな落ち込みを220億ドルにまで見込んでいました。

ボーイング社は、この四半期の業績を見ると、169機の商用飛行機を出荷したが、このセグメントの売上は減少していたものの、前年の176台から減少した(737台の出荷は5月の737MAXの予定サービスの成長のおかげで1%。受注面では、198件の受注が予約され、5,700機以上の受注残高は4170億ドルでした。防衛、宇宙&セキュリティ部門の収益は、生産計画およびサービスの改善遂行により利益率が向上したものの、計画出荷額が減少したことを反映して18%減少しました。

今後の見通しは、2017年通年の目標である905億ドル~925億ドルを維持したが、GAAPの株価指数を10.25ドル〜10.45ドルから10.35ドル10.55ドルに中点で引き上げた。同じように調整されたnonGAAPブラケットは、9.20〜9.40ドルとなっています。マージン、納品、研究開発費、資本支出、年金費用の仮定も変更されていませんが、実効税率は前回の32%から31%に低下しました。

第1四半期の業績発表後の穏やかな価格転売でも、BA株式は高価に見える。実際、当社の3〜5年の目標価格範囲内ではまだ取引されている。当社の将来見通しについては、大量の受注残高(4,800億ドル)を有する業界リーダーであると見ていますが、配当利回りが高く、安全性が高いにもかかわらず、株価はあまり期待できません。

会社概要:ボーイング社は商業用ジェット機の大手メーカーです。また、戦闘機(F-15、F / A-18)、C-17貨物輸送機、V-22ヘリコプター、E-3 AWACS、E-4コマンドポスト、E-6海底通信機、陸上輸送システムを生産し、 F-22(ATF)で作業しています。 2016年には、海外売上高全体の59%を占め、研究開発費は売上高の4.9%に達しました。