iOS向けGoogleマップで便利な駐車通知機能をリリース

0
382

Googleマップでは、小さくても非常に便利な機能が追加され、ユーザーは駐車場所を保存できます。 iOSとAndroidの両方で利用できるこの機能は、パーキングメーターが期限切れになる時期を知らせるためのものです。

現在の場所を示す青い点をタップすると、新しい「駐車場の設定」オプションが付いたメニューが表示されます。保存すると、緑色の点に ‘P’が表示されます。

ユーザーは、住所を細かく調整したり、駐車メモを書き込んだり、円形マーカーをクリックして残っている時間を追加することができます。その画面から、駐車場の場所を共有したり、写真を追加してその場所を覚えておくことができます。残っている時間は、自動的に15分のリマインダが含まれています。

完了すると、ユーザーはその画面に戻って場所をクリアすることができます。または、新しい駐車通知を追加すると、前の駐車通知が自動的に削除されます。

この手動入力は、最近の自動駐車検出機能を補完するものです。この巧妙な機能は、電話を車にUSBまたはBluetoothでペア設定するときに機能します。接続が無効になると、マップは自動的にその場所を記録します。 Apple Mapsには同様の機能が組み込まれています。

駐車リマインダーにアクセスするには、iOS向けGoogleマップの最新バージョンを必ず更新してください。