Final Cut Proと iMovieが新しいアップデートをリリース

0
697

Appleは、Mac App Storeを通じてMacOS用のFinal Cut ProとiMovieの両方の新しいアップデートをリリースしました。 MacOS用のiMovieバージョン10.1.5には、いくつかのバグの修正と改善が含まれていますが、Final Cut Proのアップデートは少し詳細です。モーションとコンプレッサーの両方にも新しい改善のアップデートが加えられました。

 

iMovieの新機能は次のとおりです。

バージョン10.1.5の新機能•一部のビデオカメラからインポートしたビデオに赤みがかった色合いを付けることがある問題を修正しました。•iPhoneで撮影した一部の動画がインポートウィンドウに表示されない問題を解決しました。

Final Cut Proの変更点は次のとおりです。

バージョン10.3.3の新機能

•インスペクタの幅を拡張してエフェクトパラメータを表示および調整する機能

•古いライブラリの更新に関する問題の修正

•ディスクに記録されている間にインポートされているクリップを使用するときのオーディオ波形の再描画の高速化

ユーザーがタイムラインでロールの表示を変更したときに表示されるタイムラインインデックス

•ロールエディタの色の選択肢が増える

•ブラウザに表示されるとブラウザに元のクリップの位置が正しく表示される•

Canon Log 3およびSony S-Log3 / S-Gamut3ログ処理•フルスクリーンを終了するときに視聴者が時々消えてしまう問題を解決する

•DVDへの共有が応答しなくなる問題を解決する

•DVDメニューおよびチャプタータイトルのフォント品質を改善する

•DVD作成時に画質を改善する

•ドキュメンテーションへのリンクが埋め込まれた、強化されたDVDユーザダイアログメッセージ

Motion for Macにも新しいアップデートがあります:

バージョン5.3.2の新機能

•塗りつぶしフィルタを使用すると、レイヤーとマスクを別途必要とせずに、レイヤー全体をすばやく塗りつぶすことができます。

•プロジェクトを開くときに欠落したプラグインが正しく識別されます。

•カラーバランスフィルタを使用するとミッドトーンが正確に表現されます。 

•重複したリグのフィルタやビヘイビアを操作するときの安定性が向上します。

•キーフレームエディタでキーフレームが選択されているときにキーボードショートカットを使用すると発生する安定性の問題を修正しました。

•再生中にマーカーを移動するときの安定性が向上します。

Compressor for Mac:

バージョン4.3.2の新機能

•ジョブステータスを監視するためのコマンドラインオプション

•ディザリングオプションは画像にノイズを加えて色のバンディングなどの気を散らすパターンを最小限に抑えます

•iTunes Storeパッケージを作成してインドの法律で要求されているように警告メッセージを識別するオプション

•ウォーターマーク画質

•アニメーションPNGおよびアニメーションGIF画像シーケンスのサポート

•ドロップフレームメディアに対してタイムコードフィルタを正確に表示

•AC-3にトランスコードされたオーディオの同期を修正

•DVDへの共有が応答しなくなる問題を解決

•DVDのフォント品質を改善メニューおよびチャプターのタイトル

•DVD作成時の画質を向上

•ドキュメンテーションへのリンクが埋め込まれたDVDユーザーのダイアログメッセージの強化

iMovie for Macは、新しいMacでは無料で、古いマシンではMac App Storeで$ 4.99で利用できます。 Final Cut Proは、Mac App Storeで$ 299.99で利用可能ですが、Appleは最近、Logicやその他のプロアプリを含む199ドルの教育バンドルを導入しました。