At&t 5G接続を推し進めるため、Straight Path Communications社を買収

0
546

AT&Tは、5G接続性を提供する競争が激化する中、次世代ネットワーク技術に必要な電波のライセンスを保有する企業であるStraight Path Communications社を買収すると発表しました。 AT&Tはプレスリリースでこの取引を発表し、総額16億ドルの価値があると指摘した。

不慣れな人のために、ストレートパスコミュニケーションズは、キャリアによって使用される28GHzと39GHzミリ波の最大の所有者の1つです。具体的には、39GHz帯では735mmWave、28GHz帯では133台のライセンスを保有しています。 5G技術はこの高帯域幅のスペクトルに大きく依存しており、これはAT&Tの注目に値するものです。

この契約を発表したプレスリリースでは、AT&Tはこの取引の一環として獲得したStraight Pathスペクトルが米国全体をカバーし、さらに5Gプッシュへの手渡しを説明した。 AT&Tはまた、5Wの強力さを強く反論し、mmWave帯域の理論ピーク速度が最大10Gbps、最大20Gbpsに達する可能性があることに注目しています。

今回の買収は、バーチャル、拡張現実、遠隔医療、自律型車、スマートシティなどの消費者やビジネスのための新しい体験の提供を加速するAT&Tの5Gリーダーシップをサポートします。

国際電気通信連合(International Telecommunications Union)は、mmWave帯域における標準ベースの5Gの理論上のピーク速度は、最終的に、アップリンクでは最大10Gbps、ダウンリンクでは最大20Gbpsに達する可能性があると述べています。

AT&Tは39GHz帯域で735mmWaveライセンスを、28GHz帯域で133ライセンスを取得します。これらのライセンスは、上位40市場のすべてを含む米国全土を対象としています。

買収価格については、AT&Tは株主が12億5000万ドル、残りの16億ドルが負債となり、FCCに送金されるとみている。

これは、AT&Tが5Gに向かって行った最初の動きでもありません。運送業者は昨年、LTEよりも10倍から100倍速いスピードで5Gのテストを開始したと発表しました。キャリアは、Verizonとの目標に向かって頭角を現す、より広範な「5G進化」計画を策定しています。