新型Honda CivicでCarPlay搭載

0
779

ホンダは、昨日三菱自動車とスカニアの発表に続いて、新型の新型車を発表した。これにはAppleのインダッシュCarPlayシステム標準が搭載され、新型の2017 Civic Si CoupeとSedanモデルが明らかになった。

CarPlayの統合には、Android Autoをサポートする7インチDisplay Audioタッチスクリーンが搭載されます。あらゆるモデルには、SiriusXMラジオ、HDラジオ、パンドラ機能を備えた450ワット、10スピーカーのAM / FM / CDサウンドシステムも標準装備されています。

新型車は、三菱自動車が2018年アウトランダースポーツのために発表した最新の発表に続いて、アップルのCarPlayシステムをサポートする。

両方の新しいCivic Siモデルは来月、2万ドル半ばのどこかから始める予定だ。 AppleはCarPlayをウェブサイトでサポートする自動車メーカーと車両モデルのリストを管理している。