Apple Watch 3が今年下期にリリースされる?

サプライチェーンの報告書は、Appleが既存の命名計画を維持すれば、シリーズ3と呼ばれる次世代のApple Watchが今年下半期に発売される予定であるという。また、Appleは、異なる価格帯で2世代のApple Watchの選択肢を提供し続けることを示唆している。

Digitimesは、Quantaが新しいモデルの唯一のサプライヤーとして残る一方で、新しいサプライヤであるCompal Electronicsが古いモデルの生産を継続するために追加されることを報告しています。

現在、Apple Watchの注文は、Quanta Computerが単独で処理しています。下期にリリースされる予定の次世代のApple Watchは、引き続き台湾のODMによって製造される予定です。ただし、既存の第2世代のApple Watchの生産は、Compalに部分的に提供される予定です。

同社はコメントを拒否したが、Digitimesは最近スマートデバイス製造用の機器を移転したと指摘した。 Compalは、世界最大の契約用ノートPCメーカーの1つで、昨年は5MのウェアラブルおよびインターネットのThingsデバイスを出荷しました。

これまでの報告では、Series 3 Watchの外部設計にほとんど変化は見られず、主要な新機能の見通しについても悲観的であり、パフォーマンスとバッテリ寿命が主な焦点になることが示唆されました。

しかし、あるアナリストは、同社がLTEバージョンを計画していると考えているため、同社のiPhoneがなくてもデータ接続が可能です。ザックは最近、これがデバイスにもたらすメリットについて概説しました。最近の読者投票では、3分の1近くがLTE Watchのプレミアムを購入費用の増加、追加の通信事業者の加入、またはその両方によって支払うことになりました。