Spotify 新しいアルバムが有償の加入者だけが利用できるようユニバーサルミュージックと契約

0
448

先月報道によると、Spotifyはレコードレーベルとのロイヤルティ取引を再ネゴシエートすることで最大のリリースを有料ユーザーに限定することを検討していましたが、現在、同社は少なくとも1つのメジャーレーベルパートナーと契約を結んでいます。

ユニバーサルミュージックグループとの新たな複数年契約は、Spotifyのいくつかの新しいアルバムが有償の加入者だけが利用できるようになることを意味する。リリースされた新しいシングルは、引き続き無料のユーザーに提供されます。ただし、有償契約者への独占権は、リリースの最初の2週間のみで、アーティストまでになります。

このパートナーシップは音楽の相互愛に基づいており、アーティストの価値を創造し、ファンのために提供します。私たちは、新しいアーティストを壊し、新しく確立されたアーティストを広大なファンの世界と結びつけて、それらを驚かせる方法で協力していきます。すべてのアーティストのすべてのアルバムを同じ方法でリリースするわけではなく、UMGと協力して新しく柔軟なリリースポリシーを開発しました。ユニバーサルアーティストは今日から、2週間だけ新しいアルバムをリリースすることができ、購読者は完全な創作活動を探究する機会を早期に得ることができ、シングルはSpotifyのすべてのリスナーが楽しむことができます。

前回のレポートで述べたように、同社の小規模シェアを持つメジャーレーベルとの新たな取引は、近い将来にIPOを可能にするSpotifyの戦略の一部と考えられています。 Spotifyは、他の2大レーベル、Warner Music GroupとSony Music Entertainmentとの取引を更新する必要があります。