外付けキーボードにTouch Barの特許申請

0
579

2016年のMacBook Proの発売直後に、AppleがTouch BarとTouch IDを新しいMagic Keyboardを出す予定があるのかどうか疑問に思っていました。新しいAppleの特許出願は、同社が少なくともこのアイデアを模索していることを示している。

今までのように、特許の言語は密集していますが、図にはスタンドアロンのキーボードとラップトップが含まれています。

いくつかの実施形態では、装置は、筐体内に配置された処理ユニットと、筐体内に少なくとも部分的に配置され、処理ユニットによって実行されるグラフィカルユーザインタフェースを表示するように構成された主ディスプレイとを含むこともできる。いくつかの実施形態では、ディスプレイは有機発光ダイオードディスプレイである。

新しいMacBook ProのTouch Barに関する人々のコメントの1つは、外付けのモニターとキーボードを使ってMacをデスクで使っているプロフェッショナルとは無関係だったということです。 AppleがTouch Barを備えた外部キーボードを提供できない限り、この機能はあまり使用されないかもしれません。

私は個人的にタッチバーに夢中になっていませんが、間違いなく便利です。MacBook Proを片面に置いてデスクに座っていると、その有用性は完全に失われます。

バッテリー寿命、ワイヤレス接続を使用する場合のフレームレート、もちろんコストなど、解決すべき問題があります。しかし、圧倒的多数がこのアイデアに関心を示しており、約半数がこの機能にプレミアムを支払う意思があることが示唆されています。

アップルはすでにTouch Barを超えて、ダイナミックなキーボードメーカーSonderとの議論を持ち、この分野にもっと来ること可能があります。