アップルの新しいiPadは、実際には一種の後退的もモデル

0
102

iFixitによると、Appleが先週発表した9.7インチのiPadは本質的に、2013年にリリースされたオリジナルのiPad Airのスプルースアップバージョンであるようです。彼らは同じバッテリーと同じディスプレイを共有しています。第3世代のA9チップとTouch ID機能の統合を含む、わずかな調整もありますが。

彼らのティアダウンは、この新しいモデルがマイナーなアップグレードであるという当初の疑惑を確認しました。新しいiPadの最大の魅力は価格です。 32GBのモデルは、以前のエントリーレベルのiPad Air 2が$ 399で購入したのと比べ、$ 329です。

新しいiPadは実際にはiPad Air 2よりも元のiPad Airとの類似点が多い。iFixitによると、これはいいことだという。 Air 1のように、この新しいiPadには、融合していないLCDとデジタイザーがあり、修理が簡単です。実際、iFixitはAir 1から新しいiPadにLCDとデジタイザーのコネクタに適合することができましたが、動作していて実際に互換性があるかどうかはテストしていませんでした。

iPadとAir 1で共有されるもう1つのほぼ同じコンポーネントがディスプレイです。 iFixit分解からのこの発見は、Appleが「より明るい9.7インチのRetinaディスプレイ」を主張していることに疑問を投げかけている。

"私たちの質問は:より明るいですか?それはAir 1のディスプレイと違って見えません。 Air 2よりも明るい場合は、Air 1の非表示のディスプレイデザインに戻ったことが原因かもしれません」とiFixitの人々は書きました。

以下は、左の新しいiPadの写真と右のオリジナルのAirです。 「iPad 5は銀色で、テープの枚数は少ないですか?」

iPad Air 1(左)と新しいiPad(右)

もちろん、内部コンポーネントを保護するために使用されるテープの量とのより重要な違いがあります。最も大きな違いは、Touch IDセンサーを新しいiPadのホームボタンに追加している事だという。