Apple社iPhone用MacBookスタイルのダム端末 特許発表

0
597

Appleがエントリーレベルの製品をより手頃なものにする方法を模索していることの証拠として、MacBookスタイルのダム端末の頭脳としてiPhoneを使用する特許が発表されています。

電子付属装置であって、ユーザに出力を提供する操作コンポーネントと、操作部品を担持するハウジングであって、凹部を有するハウジングと、前記電子ホスト装置が前記凹部内に配置され、前記制御インタフェースに結合されているときに電子ホスト装置から制御信号を受信するように構成された制御インターフェースとを備え、前記電子アクセサリ装置は、制御インターフェースに結合される。

アイデア自体は新しいものではなく、本質的に現在利用可能なHP製品と似ています。

HP Elite x3ラップドックは、スロットに挿入されたスマートフォンと同じ考えを、ラップトップ型ダム端末に使用します。その場合、携帯電話は600ドルのデバイスのキーボードの下にあるスロットにスライドします。アップルの特許はそのアイデアを一段と引き上げ、iPhoneはトラックパッドとして機能します。

イラストからは、端末がMacBookと非常によく似ているようだが、Apple Insiderはアルミニウムがデバイスの理想的な材料として言及されていることに気づいてます。

主なアイデアは、キーボードとスクリーンユニットが完全なダム端末であることですが、iPhoneはすべての作業を行いますが、特許はGPUをデバイスに組み込んで大きなディスプレイに電力を供給する可能性についても説明しています。

同じ特許の別のアイデアは、iPadがMacBookスタイルのデバイスの上部ケーシングに挿入されていることを示しています。この場合のiPadは、ディスプレイとしてだけでなく脳としても機能します。この考え方はあまり面白くなく、既存のキーボードのケースと大きく異なるものではありませんが、トラックパッドを追加するとMacに似た体験が得られます。

いずれの場合も、デバイスがMacOSではなくiOSを実行していることを意味します。

本日発表されたこの特許は、比較的最近のもので、昨年9月に最初に提出されたものです。

当然のことながら、アップルの多数の特許の大半が製品化されていないという通常の免責事項が含まれていますが、これは確かに興味深いアイデアです。