Google Maps 友達と位置の共有機能をリリース

0
380

Googleは2017年にMapsアプリの大きな改善を初めています。今年の初めから、Uberのインテグレーション、駐車場の空き状況、保存された場所など、どこへ行くのも簡単になるような素晴らしい機能が追加されました。また今回のアップデートで、友人がいる場所を伝える機能を追加しています。

AndroidとiOS Mapsのアプリにアップデートすると、現在地をブロードキャストできるようになります。遅れて向かっている時など、あなたがどこにいるかを知らせたいときには、情報を一緒に送信することができます。

新しい機能を使用するのは簡単です。サイドメニューを開くか、地図上の青い点をタップすると、新しい共有場所のオプションを見つけることができます。開いたら、共有相手とあなたの場所へのアクセス時間を選択できます。あなたの連絡先を他のソーシャルアプリに送ることができ、連絡先の人とあなたの場所を共有したり、リンクを生成することができます。

反対に、あなたが共有するように選択したユーザーは、リンクをタップするとあなたの場所を地図に表示し、地図上にコンパスの上にアイコンが表示され、あなたが見られていることを知らせます。時間制限が設定されていても、いつでも現在地の共有を停止できます。

また、向かっている情報を送信できるため、到着予定時刻を知ることができます。画面下部の経路指示の右側にある矢印をタップして、「トラベルの進行状況を共有」オプションを選択するだけです。受信者を選択すると、自分の現在地、到着予定時刻、進捗状況を確認できます。あなたの目的地に到着すると自動的に共有が終了します。

あなたの家族や友人にあなたの場所を知らせるのは気にならないかもしれませんが、Googleは有効期限、自動シャットオフ、到着時に終了する旅行追跡をうまく処理しています。 AppleのFind My Friendsアプリのようなものだが、連携アプリを開く機能がMapに組み込まれているので便利です。