iTunesのレンタル動画がすべての端末で再生可能に

0
438

Appleの火曜日に発表された新製品はすべて注目を集めているが、Appleはまた映画のレンタルが楽しめるiTunesのアップデートを行った。

iTunes 12.6は現在利用可能で、「レンタル代を払って、どこでも見る」という新機能があります。iPad、iPhone、またはApple TVで映画を借りれば、それらのすべてのデバイスで映画を見ることができます。

12.6アップデート以前は、iPhone、iPad、およびApple TVのiTunesムービーのレンタルは、レンタルしたデバイスに限られていました。また、MacでiTunesムービーのレンタルを行い、同期を実行してiPhoneまたはiPadに転送することもできます。 AirPlayを使用して、レンタルした映画をApple TVに再生することもできます。

iTunesのアップデートをインストールして映画のレンタルを始める前に、この機能を利用するには、iPhone、iPad、およびApple TVには最新のオペレーティングシステムがインストールされていない必要があります。 iPhoneとiPadにはiOS 10.3が必要で、Apple TVにはtvOS 10.2が必要です。

iTunesのアップデートを入手するには、App Storeアプリを起動し、上部の「アップデート」タブをクリックします。アプリがAppleのサーバーで確認した後、iTunes 12.6アップデートが表示されます。

前回の四半期決算で、アップルはiTunes Storeやビデオストリーミングなどのサービスの重要性について語りました。 Netflix、Amazon、Huluなど多くの企業との競争が激化する中、Appleは顧客に価値を提供する方法を見つける必要があります。デバイス間でのレンタル映画の視聴をより簡単にすることがその方法の1つです。