Apple株は夏までに10%伸びる可能性がある。

「Appleの株価はiPhone 8の発売までにさらに10%伸ばす可能性がある」

Barronsは、Apple社はわずか12倍の収益で取引されており、幅広い市場に対して35%の割引を受けて、過小評価されていると主張しています。同社の株価は、利益の17倍に相当すると見積もられている。 

アップルのサービス事業は、iPhoneの季節性のために「アップルの収益の振れをスムーズにする鍵」であり、サービス単独では昨年255億ドル、2020年には500億ドルに倍増すると報告している。

Barronsのレポートは、他のアナリストがすでに述べたことを繰り返し述べ、iPhoneアップグレード業者の「スーパーサイクル」が今年少なくともAppleにとって有益であることを示唆している。アップルのサービス部門は、拡大するiPhoneユーザーの基盤とともに、比例的に成長し、年間500億ドルの予測を達成するためには年率18%の成長が必要となります。

グロスマージンの大半はサービスを利用するハードウェアの収益を上回るため、部門からの収益は高い水準にとどまる見込みです。 App Storeの売上総利益率は85%、Apple Payは80%、iCloudマージンは75%、AppleCareとサービス部品は約70%と推定されています。

Apple MusicとiTunesは、約15%の売上総利益率を維持しています。 iTunesの収入は減少しているが、大規模なコレクションを所有するのではなく、リース音楽の普及が進んでいることに伴い、iTunesの会員増強が始まっている。

CEO Tim Cookは、2016年7月のAppleの四半期決算会議で、Appleのサービス事業は、2017年のある時点でFortune 100企業の規模になると予測しています。当四半期の業績は、アップルのすべての事業セグメントの中で最大の利益を占めています。

噂されている「iPhone 8」は今年後半に携帯端末の10周年の一環として到着すると考えられています。アプリケーションのカメラへの依存性とは異なり、「iPhone 8」には高性能スマートフォンの高度な顔認識に使用できる3Dレーザースキャニングモジュールが含まれる可能性があるという噂があります。 OLED「iPhone 8」は、ガラスの下に埋め込まれたFaceTimeカメラ、指紋センサー、およびホームボタンを備えたガラスサンドイッチデザインを誇っていると噂されています。