Amazon 音声アシスタントAlexaを順次リリース

AmazonはAlexa(音声アシスタント機能)をリリースし始めました。

 主力のiOSアプリに登場です。つまり、iPhoneユーザーはAlexaに質問したり、ショッピングの手助けをしたり、注文を追跡したり、プライムのビデオや音楽をプレイすることができます。

最初の公開が終了した後、来週までにすべてのiOSユーザーがAlexaを利用できるようになる、とAmazonは述べています。しかし、同社のインアプリのAlexaは先月Amazonがユーザーにスマートロックを制御できる機能を提供したDoor Lockスキルは搭載していない。また、iPhoneのユーザーは設定を変更するために、まだ専用のAlexaアプリが必要です。 Amazonの主なアプリには既に音声検索機能が搭載されていたが、それは音声認識技術だけであり、インテリジェントな機能ではありませんでした。

以前は、iPhoneユーザーはすでにLexiやRogerのようなサードパーティアプリでAlexaの力を活用していました。しかし、これらのAlexa搭載のアプリにはいくつかの制限があり、iPhoneをエコーにすることはできませんでした。 iOSへのAmazonのネイティブAlexaの統合は、おそらくより堅牢になるでしょう。

なぜこれが重要なのか:今日の気象情報を取得するような基本的な質問をiPhoneユーザーに提供することに加えて、AlexaはSiriを超える能力、 Amazonのインテリジェントなボイスアシスタントにはすでに10,000以上の組み込み統合技術(「スキル」)が蓄積されています。これらの統合は、スマートホームデバイスの制御から、Grubhubからの食品配送の注文までです。

Amazonは、Alexaを可能な限り有用なものにするために、これらのサードパーティの統合に明らかに賭けています。最近、同社はAmazon Web Servicesで月額100ドルのクレジットを提供し始め、開発者がAlexaのスキルをさらに高めるよう促しました。

今、iPhoneユーザーにAlexaと対話する機会を与えることは、必ずしもEchoデバイスに縛られていないスキルを習得して実行することによって、彼女をよりスマートで役立てることができます。