米国マクドナルド 注文アプリを計画中

0
387

McDonald’sがUSで計画してテストしている新しいモバイル注文アプリについて、ロイターからの新しいレポートでは、今後のアプリの詳細と、Starbucksのような競合他社からの確立されたモバイル注文サービスに追いつくためのアプリ施策についてもっと詳しく説明しています

ロイター通信によると、McDonaldの執行副社長Jim Sappingtonは、同社のモバイル注文アプリにとって重要なのは、食品の品質とスピードに影響を与えるものではないと説明している。

新しいMcDonaldのアプリにとって大きな差別化要因の1つは、場所を認識することです。これは、顧客が飲食店に物理的に到着したことをアプリが認識すると、確認と支払いを求める通知を送信することを意味します。支払いが受け取られると、注文はキッチンに送られます。

アプリはまた、ドライブスルー、カウンター、またはカーブサイドで注文を受け付けるかどうかをユーザーに尋ねる。テーブルサービスオプションもあります。マクドナルドは、この位置追跡がスピードと食糧の最高の組み合わせを保証するのに役立つと考えています。レストランチェーンは、ドライブスルー顧客の20%がカーブサイドを選択し、20%が現在のドライブスルーレーンをピックアップのみに使用すれば、マクドナルドの場所は時間あたり20台の追加車を提供できると推定しています。

さらに、McDonald’sによると、より多くの注文を自動化することによって、従業員はテーブルや車に食糧を届けられるようになり、エラーも軽減されるという。

注文のための新しいモバイルアプリに加えて、マクドナルドはセルフサービスの注文キオスクも計画しています。同社は現在、新しいハイテクレストランを設立したシカゴの倉庫で、その新しい取り組みの大部分をテストしています。

現在、McDonald’sはカリフォルニア州モントレーとサリナスにある29のレストランで新しいモバイルアプリをテストしています。このパイロットプログラムは、3月20日にワシントンのスポケーンにある51のレストランに拡大する予定です。パブリック・ローンチについては、今年末までに、米国、ヨーロッパ、フランス、ドイツ、オーストラリア、中国、カナダの6,000ヵ所におよぶ全米14,000軒のレストランにアプリをリリースする予定です。