【投資予測2017-03】Apple

0
399

昨日、Morgan Stanleyのアナリストは、今後のiPhone 8がAppleの株価と単価の売り上げにどの程度大きな影響を及ぼすかを示しました。現在、RBCのアナリストAmit Daryanani氏は、AAPLに対する彼自身の強気な態度を表明しているが、彼の期待はAppleのサービス部門にほぼ基づいています。

Barron’sが買収した投資家のメモによると、Daryanani氏は、Appleのサービス部門は2020年度までに500億ドルの事業になる可能性があると説明し、アナリストは、サービスの最大のメリットの1つは、売上をAppleの他のセクターよりも高いレートで利益に変換することだと説明しています。

具体的には、Daryanani氏は、アップル社が「マージンが増え、時間の経過とともに周期的なサービスの混在を増やし続ける」と引き続き、アップルが最大の可能性を秘めていると書いている。 iPhoneが毎年リリースされるように、定期的にリリースされています。

Daryananiは次のように述べています。「当社は、マージンが増え、周期的なサービス収入の減少が続いている場合、アップル社の現在の評価が上昇する可能性を秘めています。彼は、投資家が1ドルの利益の17倍を支払う意思があると考えている。 Appleの現在の利益倍率は、現在15倍に近い。

サービスに対する彼の強気な態度に基づいて、DaryananiはAAPLの目標価格を140ドルから155ドルに引き上げた。比較のため、AAPLは今日140.46ドルで取引を終えています。

DaryananiのAAPL予測は、今後のiPhone 8のおかげで、同社の将来に向けて楽観主義を表明した数々の著名なアナリストたちの声を上げています。Morgan StanleyのKate Hubertyは昨日、Appleが2018年度に20%シティのAAPL価格は、iPhone 8の「スーパーサイクル」に基づいて140ドルから160ドルに引き上げられました。

Apple自身も、ハードウェアの販売が減速したため、昨年中にサービスに重点を置いてきました。先月ゴールドマンサックスのイベントで講演したApple CFO Luca Maestriは、Servicesは現在Fortune 100企業の規模であり、Appleは今後4年間で倍増すると予測していると述べています。 2017年第1四半期中、アップルはサービス収入を前年同期比18%増の72億ドルと報告しました。