Apple、寒い気温でiPhoneのスクリーンが応答しなくなる問題の対応策を検討

先週、一部のiPhone Xユーザーは、電話の画面が凍結温度近くで動作しないと不満を訴えていました。

Appleは今、iPhone Xのディスプレイが温度の「急激な変化」の後に触れると反応しなくなる問題を特定したと語った。同社は今後のソフトウェア修正によりこの問題を解決すると約束しています。

Appleは、iOSデバイスは0℃から35℃の温度で使用する必要があると言います。

iPhone Xの ‘coldgate’問題は、0度に近い温度で起こっていたが、まだ推奨温度範囲内にあるようだ。

アップルの声明によると、特定の状況では、周囲環境の温度が突然低下した場合、iPhone Xは一時的にユーザーの入力に応答できなくなるといいます。

アップルは、今後のソフトウェアアップデートで修正案を発表する予定だ。これは、固有のハードウェア障害ではないようです。

Appleは本日、iOS 11.1.1を、自動修正とHey Siriの重要なソフトウェアバグフィックスでリリースしました。 iOS 11.2も現在ベータ版で、年末までにiPhoneとiPadのユーザー向けにリリースされる予定です。

Appleは ‘coldgate’バグ修正の正確な時間枠を指定していないが、iOS 11.2に組み込まれる可能性が最も高いようだ。